スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは最高…でも、これでお終い This IS IT ! さよならマイケル

2009/11/04 Wed

20091013mog00m200021000p_size5.jpg


昨日、朝一で観て来ました。

睡眠不足で寝てしまう心配を他所に、ずっとスクリーンに目が釘付け。


2009年6月、1か月後に迫ったロンドンでのコンサートを控え、突然この世を去ったマイケル・ジャクソン。

照明、美術、ステージ上で流れるビデオ映像にまでこだわり、唯一無二のアーティストとしての才能を復帰ステージに賭けながら、歌やダンスの猛特訓は死の直前まで繰り返されていました。

支えているスタッフ達がマイケルの人格、才能を心から愛し尊敬している様子が良く伝わっています。

彼のゴシップや上っ面のヒット曲しか知らない人間には想像もつかない姿です。

正に King OF POP という名にふさわしいアーティストです。

th_ml_this_is_it_lar.jpg


この映画が世に出たことによってこのコンサートが全くの幻に終わらなかったことを心から喜びたいです。

この映画は、マイケル・ジャクソンという並外れたアーティストを描いただけのものではありません。

マイケルが音楽やヴィジュアルアートを通し、彼の深い愛とメッセージを送ってきます。

おかげで目からたくさんの汗をかきました…





THIS IS IT は、1979年、今から30年前にマイケル・ジャクソンが作った曲で、当時20歳の頃の伸びやかなマイケルの声が収録されておりバックコーラスは、兄弟が歌っている。
オーケストラによる音の入れ直しで制作されたThis is it は、映画のクロージングに 使われており歌詞は―

まさか、あなたと恋におちるとは思っていなかったけれど今では、完全に あなたの虜だよ~というラブバラード。

(翻訳は、角度によって全くニュアンスの違う印象を与えるでしょう…)


マイケル・ジャクソンが、世界的に 飛躍する前の貴重な名曲。

まさに幻の1曲であり、象徴的な楽曲です…




THIS IS IT  (日本語 歌詞)


これは 本物だ 今 僕は、誰よりも光り 輝き 気分は最高
今 感じてる この愛 はっきりとわかるさ 本物だって

何千回も君の顔を見つめて来たような気がする
君も僕を知っていると言った・・身を任せる 風を選んだというけれど
結局 風任せにすることにしたんだね

君の噂など 聞いたことも無かったのに 恋におちるつもりなんて
さらさら 無かった 君の恋人になるとは 思いもしなかった 
お願いだ 分かってくれ 

まぎれもない愛 僕には 分かる
僕は君の光だ 僕しかいない 僕たちなら 出来る
これは 本物だ 恋におちるたび 感じるんだよ

君のこと 千年も前から 知っていたような気がする
君も僕の顔を見たことがあるという。
もう逢いたくないと君は言うけれど
何度 言われても僕は 一緒に いたいんだ 

君の噂など 聞いたことも無かったのに 恋におちるつもりなんて
さらさら 無かった 君の恋人になるとは 思いもしなかった 
お願いだ 分かってくれ これは、本物だ 胸の奥で 感じる

僕は誰よりも光り輝いている これは真実の愛
僕の歌を一緒に歌おう お願いだから 耳を傾けておくれ
感じた事のない瞬間を。



This Is It - Michael Jackson


This is it, here I stand               
I’m the light of the world, I feel grand       
Got this love I can feel               
And I know yes for sure it is real           

And it feels as though I’ve seen your face a thousand times  
And you said you really know me too yourself          
And I know that you have got addicted with your eyes       
But you say you gonna live it for yourself.            

I never heard a single word about you              
Falling in love wasn’t my plan                  
I never thought that I would be your lover             
C’mon baby, just understand                     

This is it, I can say,                         
I’m the light of the world, run away                  

We can feel, this is real                        
Every time I’m in love that I feel                    

And I feel as though I’ve known you since 1,000 years           
And you tell me that you’ve seen my face before.            
And you said to me you don’t want me hanging round            
Many times, wanna do it here before                    

I never heard a single word about you
Falling in love wasn’t my plan
I never thought that I would be your lover
C’mon baby, just understand

This is it, I can feel
I’m the light of the world, this is real
Feel my song, we can say
And I tell you I feel that way

And I feel as though I’ve known you for a thousand years
And you said you want some of this yourself

And you said won’t you go with me, on a while
And I know that it’s really cool myself

I never heard a single word about you
Falling in love wasn’t my plan
I never thought that I would be your lover
C’mon baby, just understand

I never heard a single word about you
Falling in love wasn’t my plan
I never thought that I would be your lover
C’mon baby, just understand


いよいよだね、ここにいるのも
ぼくは世界を照らす光
素晴らしい気分だ
愛をそんな風に感じることが
こんなにリアルだなんて

まるで君に何千回も会ってきたような気がする
君も同じように感じるという
そして君は僕に惹き付けられる
でも君は自分だけで生きていくと言う

君がどういう人なのか聞いたこともない
君を愛することになるなんて思いもしなかった
君に愛されるなんて思いもしなかった
ただそれを受け容れて欲しい

もうこれっきり
ぼくは世界を照らし、そして去っていく

これがリアルだってわかるよね
ぼくが愛しているとき必ず感じるように

君のことを千年も前から知っているみたいだ
君もぼくをずっと知っているように思う
君はぼくが近くにいて欲しくないと言うけれど
今までのように、ぼくは君のそばにいたいんだ

(拙訳 by さんかるぱ)




Michael Jackson THIS IS IT Concert Offical Advertising on ITV 08/03/2009


マイケル・ジャクソンの追悼特集ページ




I just can't stop loving you, MJ !!!









ワンクリックありがとうございます<(_ _)>










スポンサーサイト

スターウォーズ エピソード3~ハリウッド的勧善懲悪の変遷

2009/02/23 Mon


SW3 SW3-2


日本では1978年に封切された「スターウォーズ」(以後SWと表記)から、27年を経て公開されました。
最終作ということで、全ての欠けていたリンクが繋がる作品です。

-といっても“What”は無く、“Why” と“How”が残っていただけ。

皮肉な言い方をすると、どのように辻褄を合わせてくれるのか、という期待で待たれていた映画といえるでしょう。
最大の焦点はアナキン・スカイウォーカーが暗黒面に堕ち、ダースヴェイダーとなる、その心的、外的なプロセスにあったという事に尽きます。

しかしエピソード3で、そのプロセスが(それなりに)入念に描かれる為、「悪の枢軸」として変貌するアナキンに感情移入をしてしまいます。
その結果、SW6部作は暗黒のヒーローであるダースヴェイダー(=アナキン)の物語として大団円・・・ということになってしまったようです。


初作からの年月が経つ内に、アメリカ合衆国という「帝国」の実体が、「悪の枢軸」としてカミングアウトしています。
歴史的に、「悪役」に肩入れするようなハリウッド的大作映画というのは極めて特異です。
実際、この映画が「帝国」の野望を正当化しているとか、政治に絡めた批評も多いと聴いています。
確かに最初は「善」の代表ルーク達の物語だったはずなのに、と思う向きは多いようです。


ジョージ・ルーカスが比較神話学者ジョーゼフ・キャンベル(1904~87)の著作、特に『千の顔をもつ英雄』を参考にSWの脚本を書いたことは有名です。

英雄は「出立」「イニシエーション(試練)」「帰還」の3つの段階を経るという、キャンベルの提唱する「英雄の冒険のサイクル」に、ルーク・スカイウォーカーの冒険を描いた『エピソード4』~『6』は、忠実に従いました。

神話は「生きることへの精神的なフレームワークを与える」というキャンベルの思想に、ルーカスは強くインスパイアされていました。(ここでの『神話』とはユングの言う『元型』とリンクしています)

映画は完全な娯楽と割りきって作るのも観るのもOKです。
しかし、期せずして「時代」にシンクロしてしまうことも確かにある-この大河ドラマを観終わって改めて感じました。

しかしご心配なく。
ドラマが終わっても『神話』が終わる事は決してありませんから…


оΟ゜Ο。.・оΟ゜Ο。.・оΟ゜Ο。.・оΟ゜оΟ゜Ο。.・оΟ゜Ο。.・


上の日記は、連日7~800ものスパムを受け続けた後、閉鎖したブログのアーカイヴからです。
4年の時が経過して、昨夜TVでこの作品を斜めに観ていました。

何だか闇も光も紙一重~というか、
嘗て「悪」と見なしていたものさえ、愛おしく感じている、現在の自分の立ち位置を思いました。


As Time Goes By…



ありがとうございます








愛のワンクリックよろしく<(_ _)>









オライオン・コンスピラシー(The Orion Conspiracy)

2009/02/19 Thu


このフィルムはドキュメンタリーでもなく、デッチ上げでもない
(This film is neither a work of fiction, nor a documentary.)

―と、但し書きがありました。

かなりの真実が含まれているものの、
これこそがディスインフォメーションという好例かと思います…

多くの「真実」の中の虚偽情報。
彼らが真に隠したいものは一体何なのでしょうか?



<あらすじ>
200X年、某国の調査室責任者フランソワ・オルソーが安全保障に関する調査報告を行 った。
その席上、第二次世界大戦前から現代に至る、「ある危険な勢力」による世界的規 模の秘密工作が明らかにされる。
世界的な脅威であり、国民に情報を公開すべきであると 彼が主張するその調査報告とは―

http://www.youtube.com/watch?v=wJ0FvaTHlCI
オライオン・コンスピラシー(日本語字幕版)PART1



http://www.youtube.com/watch?v=A5RzKaAXXQ8
オライオン・コンスピラシー(日本語字幕版)PART2




(Youtubeを観られない方の為に、概説)

・第2次世界大戦直前に、ナチスはアフガニスタン探検でVIMANAと呼ばれる飛行物体を発見

・1927年のロシア・中国探検で5万年前の砂漠の地層の堆積物に核爆発の跡を発見

・かつて4つの月があり、それらの月は崩壊して地球に落下し、これが4回にわたる生物の絶滅を招いた

・身長3~4メートルの巨人たちが文明をつくっていた

・月が崩壊して、海面上昇・核の冬・重力の増大により巨人たちは滅亡

・1.2万年前に600以上のピラミッドを建設した古代文明(沖縄とキューバは海底)

・第2次大戦後にナチの技術は米国とロシアの手に渡った

・そのひとつがフィラデルフィア実験における駆逐艦のテレポート

・CIAのケネス・アーノルドはUFOが存在すると思わせる陰謀を開始

・1948年に米国は古代のUFOをロシアで発見。ロズウェルはそのカバーストーリーでフィクション

・1971年に月に文明の遺跡を発見したが、レタッチで写真から削除された

・1965年6月にアルゼンチンの南方の海底に飛行物体を発見。ロシアの妨害をはねのけてエドワード空軍基地に回収。10年後にMHDによる反重力機関を開発し、エドワード空軍基地で初飛行

・1982年に始まったB2爆撃機は、通常のB2と、プラズマ発生器とMHDジェネレータを持つマッハ10で飛行する極秘B2があった。

・HARRPは電離層観測施設と称しているが目的は気象操作である

・1996年に南極の融けた氷の中から2.4万年前と推定される飛行物体発見

・米国とロシアで製造されたUFOを使って、異星人による地球攻撃を演出
平和になった世界で軍を強化し続けるために、地球外の敵が必要








愛のワンクリックよろしく<(_ _)>










『イン・ハー・シューズ』 “In Her Shoes”

2008/01/31 Thu

inher




どちらかと言えばキャメロン・ディアスは苦手なタイプ。
トム・クルーズの『ヴァニラスカイ』のようなシリアスな作品中でも添え物としか見えず、この映画もラブコメディに毛の生えた程度のものかと思いました。
ところが予想とは全く違った作品でした。

タイトルも英語のニュアンスを伝えるのが難しいタイプ。
さぞや配給元も悩んだかと想像します。

“in a person’s shoes”で「人の立場に立って」という意味があります。

性格もキャリアも全く違う姉妹なのに靴のサイズだけは同じという設定。
「自分探し」を「自分の靴で歩く」ということに見立てるのと、他者の立場を思い遣ることで初めて自分が見えてくる―というダブル・ミーニングになるのでしょう。


キャリアウーマンで弁護士の姉(トニ・コレット)は有能だが、自分の女性的な魅力に劣等感がある。
妹(キャメロン)は女の魅力だけを武器に世の中をいい加減に渡り歩いている―仲は良いが、生き方も個性も全く違う姉妹。
妹は姉から叱責を受け、その腹いせの行為が姉妹の仲を割いてしまう。姉は妹をかばう余り、その事を誰にも告げられず悩み続ける…というのが、やや重たい前半の導入部分です。

inher2


姉妹の祖母役であるシャーリー・マクレーンが登場してから映画の流れ、トーンがどんどん変化していきます。シャーリーの存在感や演技も素晴らしいですが、他の俳優、演出の描写の細やかさ―どれを取っても一級の作品です。

自分の女性的な魅力への過小評価、難読症や自分の知性に対するコンプレックス、という姉妹それぞれの「思い込みによる制限」が解き放たれていく過程は静かな感動を与えてくれます。


変容のプロセスを表す象徴的なシーンとして、「君は頭がいい」と言われた時のキャメロンの笑顔をわたしは絶賛したいと思います。ひとりの人間が目覚める、あるいは変容していく感動的な瞬間を見事に表現しています。
それを見た瞬間、初めてキャメロン・ディアスに「女優」を感じました。

323154_100x100_004.jpg


結婚式で祖母が靴を貸してあげるというシーンがあります。
(3人共に、同じ靴サイズ…そして祖母も心に傷を持っていたのです)
シャーリー演じる祖母が、その靴を「あげるのではなく、貸すだけ」「青い花模様がついている」とコメントします。
これは“something four”という花嫁が結婚式に身に着けると縁起が良い4つのものをあらわします。
それは「借りたもの」「青いもの」「古いもの」そして「新しいもの」ですが、祖母の靴が最初の3要件を満たしているわけです。

花婿と姉妹の義母がユダヤ人であるためにかもし出す宗教的、習慣的な違いなども暖かく、時にユーモラスに、さり気なく描かれています。
特に人種や文化が重層的なアメリカ社会では「人の立場に立つ」視点がなければ人間関係は困難なものとなるでしょう。


この作品中最も感動的なシーンの一つで、妹役のキャメロンが、サープライズで朗読する詩を紹介します。


i carry your heart with me

(i carry it in my heart)

i am never without it

(anywhere I go you go, my dear; and whatever is done by only me is your doing, my darling)

i fear no fate

(for you are my fate, my sweet)

i want no world

(for beautiful you are my world, my true)

and it's you are whatever a moon has always meant

and whatever a sun will always sing is you

here is the deepest secret nobody knows

(here is the root of the root and the bud of the bud

and the sky of the sky of a tree called life; which grows

higher than soul can hope or mind can hide)

and this is the wonder that's keeping the stars apart

i carry your heart (i carry it in my heart)


あなたの心と共に 私の心を重ねて

決して離れることなく

私が行く所 あなたも共に

私のすることはあなたのすること いとしい人

運命など恐れない 

あなたが私の運命だから

世界など欲しくない 

あなたが私の美しい世界だから

誰も知らない深淵なる秘密 

起源の中の起源 未来の中の未来

大空に育ちゆく人生という木 魂の希求 

理性の畏れより高く枝を延ばす

孤高にきらめく星々の神秘

あなたの心と共に 私の心を重ねて

_ ―E.E.カミングス “i carry your heart with me”



この映画は個人と家族の再生のドラマです。
一人ひとりが思い込みという制限の枠を取り去った時、奇跡は必ず起こります。

わたしたち自身が奇跡なのですから…!


キャメロン・ディアス、トニ・コレット、シャーリー・マクレーン/カーティス・ハンソン監督/2006年 アメリカ映画

ご支援よろしく m(_^_)m
にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ




『クライシス・オブ・アメリカ』“The Manchurian Candidate”2004年アメリカ映画

2007/07/25 Wed

友人から突然のメール。できるだけ早く観て感想を―とのこと。
「これはフィクションであるが真実」とのコメント付でしたが、結論からいうと全くその通りでした。
(@_@)

湾岸戦争の英雄ショー(リーヴ・シュレイヴァー)の部隊の隊長だったマルコ(デンゼル・ワシントン)は元部下の告発を機に、自分たちの戦争の記憶が何者かに植え付けられたものではないかと疑うようになる。時あたかも、ショーは副大統領選に挑む最中であり、マルコはショーとの接触を図るが…。



この映画は、国家による洗脳をモチーフとしています。表現されている事の全てが「根も葉もある」暴露である為、何故このような映画が製作、公開可能になったのか不思議に思いました。
しかも監督が『羊たちの沈黙』のジョナサン・デミ、キャストのメリル・ストリープ、ジョン・ヴォイト、そしてスタッフの多くがオスカーの受賞者だらけという錚々たる一級の作品です。

しかし日本で公開されたのはUA系列の劇場のみ。これだけの作品を未公開にするわけもいかないとはいえ、全国で20館しかない劇場で公開されただけなのです。恐らく米国でも似たような状況だった事でしょう。
同年公開の『ホテル・ルワンダ』も同様の憂き目に会いました。
(;一_一)


今日でも一般市民は、アメリカやカナダ政府が機密に行ってきたマインド・コントロール計画を知らされていません。
これらの計画はMKウルトラ、MKナオミ、MKサーチ、MKデルタ、マトリックスその他の呼び名で言及されます。それは冷戦期を通して実行されてきました。MKウルトラの時代にあったプロジェクトの目的は、被験者達を完全にコントロールし、究極的には彼らに任務を実践させ、その任務に関わる記憶を消去する為の手段を作り上げることでした。被験者達は『引き金』またはパスワードが彼らに与えられるまでは彼らの任務を思い出せない状態に置かれました。(ジョン・レノン謀殺に使われたマーク・チャップマンなどは典型的な例の一つでしょうか…)

こういったことのために被験者達は「多重人格障害」にさせられ、この多重人格障害は催眠術と拷問によって作り出されました。子供の被験者は諜報機関との関係を持っている両親及び保護者の許可のもとに選択されました。子供の被験者達は4歳から12歳までの年齢の子供が最も頻繁に選ばれました。

この映画の原題を直訳すると「Manchurian満州のCandidate候補者」となります。これは作品中政治や経済を陰で操る巨大企業の名前をManchurian Global社としているからです。
現実の話に戻ると、上記のプログラムされた子供たちも成人してから、何と同じ“Manchurian Candidate”というコードネームで呼ばれていたのです…!

MKウルトラ時代の犠牲者達は拷問の後に反撃を加えてこないとみなされた、最も慎み深い人々の中から選ばれました。モントリオールの8人は薬物を投与され、半睡半醒の状態に数週間置かれ、彼らの全ての記憶を破壊する目的でエウェン・キャメロン博士によって作られた催眠テープを聞かされました。この研究はある程度うまくいきました。キャメロン博士は訴えられましたが、訴訟が始まる前に死亡しました…

現代ではインプラントのチップは砂粒大までになっているそうですが、エレクトロニクスその他の洗練された方式が確立し、ハードウェアを最早必要としなくなっているようです。


この件及び関連情報は下記のリンク集を照覧することを強くお勧めします。
信憑性のある情報源としてお役に立ててくだされば幸いです。

Library


「記憶」している事がどうしても現実に思えず悪夢に悩ませられる部隊の生き残り達―
この『クライシス・オブ・アメリカ』では洗脳された2人の生き残りの片割れが副大統領候補となり、彼の元上官が戦争の英雄を称えるスピーチを重ねる事で子供たちなどの洗脳→リクルートをする生活に疑問を持ち始めます。
渦巻く陰謀に翻弄される主人公達―


しかしこの映画には大きな、そして根源的ともいえる救いのメッセージがあります。
どれだけ強烈にマインド・コントロールされようとも、心の奥深くには、誰にも犯すことのできない聖なる領域が存在するということ。
そして最後に勝利するのは、そのハートの聖なる真実のみなのです。



人気blogランキングへ愛の1クリックお願いいたします
こちらもご支援よろしくm(__)mにほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ




テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

『アイズ・ワイド・シャット』“Eyes Wide Shut”

2007/07/15 Sun

「スクリーンは魔法のメディア。それは他の芸術には決して真似のできないほど感情とムードを伝え、好奇心を保つことが可能だからだ」―スタンリー・キューブリック

キューブリックは多くの模倣者、フォロワーを生みました。真に天才と呼べる孤高の映画監督です。(彼自身はエイゼンシュタインとチャップリンを敬愛していたという…)映像のみならず、意識の深部にnonverbal(非言語的)なコードを埋め込むことのできる、比類のない映像作家でした。
この作品を初めて観た時、これがキューブリックの遺作なのかと正直、失望感すら感じたものでした。もやもやが残ったものの数年経ち、DVDで観直してみると、物凄く良い!自分でも意外でした。正に眼で視える以上の、コーディングされた何かが働いたのでしょうか。

 “eyes wide shut” とは不思議なタイトルです。普通なら “eyes wide open” というべきところでしょう。不思議な印象を与える響きです。「目をよく見開いて…やっぱり、見ない方がいい」というニュアンスを表現しているのでしょうか。あるいは「怖いもの見たさ」という感じにもとれなくもありません。

 キューブリックの遺作となったこの作品の封切りに3ヶ月先立ち、彼は亡くなりました。元々プライバシーを公開せず映画の撮影も秘密主義だったため、彼の死因が明らかにされなかったことにも違和感がありませんでした。

「幸福なカップルに存在するセックスについての矛盾した精神状態を探り、性的な妄想や実現しなかった夢を現実と同じくらい重要なものとして扱おうとした」―これがキューブリック自身、この作品に寄せた唯一の公式コメントとされているのですが、今ひとつ釈然としません。

「キューブリック 死因」と検索をかけてみると、鳥肌が立つような一節を発見。「イルミナティに殺されたんだよ」―と2ちゃんねるで。中々と与太な方の意見なので相手にもされず(というか、受け手が意味を解していない(~_~;) 
この図式は実に怖いものです。本当のことを、わざと信じられないような形、状況で提示し笑い話にしてもらっている感じ。(これをディスインフォメーションという) これは、元フォーブス編集局長だったベンジャミン・フルフォードが「身の危険を冒して真実を暴露」している状況にも似ています。(彼の場合は、時々わざと外したことを言って、信用をなくしてもらう…という、お約束のパターン)

 調べてみるとキューブリックはかなり以前より「彼ら」にマークを受けていた形跡があります。ナポレオンをテーマにした作品の撮影寸前に『ワーテルロー』、ホロコーストをテーマにした脚本を執筆中に『シンドラーのリスト』が公開され、『フルメタルジャケット』の時は『プラトーン』―といった風に妨害としか思えない事が長年に渡り続いています。そして、これらのテーマ全てとユダヤ=イルミナティには関連があるのです…!
言うまでもなくハリウッドは「彼ら」の巣であり、スピルバーグ、イーストウッドはその忠誠により、メ-ソンの高位階であるといわれます。ホロコーストでユダヤの同胞であるはずのアシュケナジーを虐殺した連中ですから、スピルバーグが「親友」であるはずのキューブリックを売ることなど朝飯前のことです。

 トム・クルーズが妻役ニコールの心の闇をのぞいてしまった為、やっぱり見ない方が良かったのか―というニュアンスは確かにストーリーとしての中核を成しているように思えます。しかしこの映画の中で出色なのは、仮面での秘密パーティです。

 何で今まで気づかなかったのでしょう…12人の淫婦、奇妙な儀式。これこそメーソン=イルミナティの性儀式そのものではありませんか。これこそが闇の世界の暴露。単なる暴露に留まらず最後のニコールの台詞は極めて挑戦的、あるいは揶揄しているように聞こえることでしょう。

抹殺せざるを得ないほど彼らがキューブリックの影響力を恐れたのか、暴露あるいは最後の台詞に侮辱を感じたのか―真相は永久に闇の中です。

Stanley Kubrick,  1928年7月26日 - 1999年3月7日  享年70歳
改めて  合掌、感謝



2007年06月19日
Eyes Wide Shutパーティ
「Eyes Wide Shut」パーティにはヨーロッパの王族とストリッパーが多数参加
※【映画】アイズ・ワイド・シャット◆米1999《監督》スタンリー・キューブリック《出演》トム・クルーズ、ニコール・キッドマン、シドニー・ポラック

多数のヨーロッパの王族がギリシャのPavlos王子が主催した「Heaven and Hell」(天国と地獄)パーティに参加した。パーティは仮装舞踏会で、「Eyes Wide Shut」に描かれているデカダンのエリートに似ており、ストリッパーも参加していた。

masks170607_468x301.jpg



元記事http://www.jonesreport.com/articles/180607_royal_tease.html


私が上記の原稿を旧ブログにアップしたのは2007年6月13日のことでした。英国のアンドリュー王子も参加したこのパーティが“Eyes Wide Shut”に絡めて報道されるのは承知のことだったでしょう。大胆不敵、傍若無人と言うべきでしょうか。秘密のパーティではなかった事が実に不快感を与えてくれました…

人気blogランキングへ愛の1クリックお願いいたします
こちらもご支援よろしくm(__)mにほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ


 

テーマ : ★海外映画★
ジャンル : 映画

『エターナル・サンシャイン』“Eternal Sunshine of the Spotless Mind”/ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット/ミシェル・ゴンドリー 監督/チャーリー・カウフマン 脚本/2004年アメリカ映画 (2007-05-20 の記事)

2007/07/09 Mon

-「さよなら」を言う代わりに記憶を消した

「希望は永久に人間の胸に湧く。人間はつねに現在幸せであることはなく、いつもこれから幸せになるのだ」―アレキサンダー・ポープ
 
元恋人クレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)が自分の記憶を消したという手紙が主人公ジョエル(ジム・キャリー)の許に届く。そして自分も彼女の記憶を消すことを決断する。ジョエルが記憶を消していく過程で明らかになる、もう一つの事実。それは、記憶消去を請け負う医院で受付をしているメアリー(キルスティン・ダンスト)の秘められた過去。

一見SF仕立てのようで、そうではなく、これは正しくチャーリー・カウフマン・ワールドです。
ある記憶を消してしまいたいという衝動は、そうしなければ耐えられない程の、強い気持ちの裏返し。
本当は、忘れたくない。そして、記憶を消しても、いや、消したからこそ、再び恋に落ちる3人。

消し去ってしまいたいほどの記憶こそ、その人間にとって大きな意味を持つ成長の糧であるはず。それに正面から向き合い、しかもその心の暗部をパートナー同士で「サトラレ」状態になるという設定は凄まじいシチュエーションです。

タイトルの“Eternal Sunshine”(永遠の輝き)とは、ハート奥深くの「愛」そのもの。曇りのない心の持ち主だけが放つことのできる輝きのことです。この言葉は劇中引用される17世紀の英国詩人、アレキサンダー・ポープの詩の一節。「真の幸福は罪なき者に宿る」ということです。

How happy is the blameless vestal's lot!
The world forgetting, by the world forgot
Eternal sunshine of the spotless mind!
Each pray'r accepted, and each wish resign'd

幸せは無垢な心に宿る
世界を手放すこと
永遠の穢れなき心の輝き!
全ての祈りは聞き届けられる (translated by さんかるぱ)

以前にブログで紹介したE・E・カミンングスの詩といい、この種の翻訳は大体が逐語的か、逆に詩的過ぎて意味を成していないことが多々あります。これは語学力の問題を超え、解釈はとても難しいものです。拙訳ながら、意味が通っていることを祈ります。

映画が娯楽だと言ってしまえば、それを観た者がいかなる解釈をしようとも然したることはありません。とはいうもののAマゾンのレヴュー他を眺めて驚いたのは、次から次と、その「ハズシ方」が壮観であったことです。せめてタイトルの意味する事を考えるだけでも全貌を俯瞰できるのに、と僭越ながら思いました。

ジム・キャリーの演技も素晴らしいけれど、ケイト・ウィンスレットは更に凄い…全編を通して彼女の演技は冴えていますが、エンディングに向かう感情の襞、表情はオスカーにも値するものと思います。他の出演者もホビットの勇者フロド(イライジャ・ウッド)が徹底的にナスティな役どころだったり、『フルモンティ』のトム・ウィルキンソン、『スパイダーマン』シリーズのキルスティン・ダンスト…と名優がてんこ盛りです。カウフマンの脚本ならノー・ギャラでも出たいとジム・キャリーは言ったそうですが、カウフマンのカリスマ性を現す豪華なキャステイングといえます。

監督はビョークなどのミュージック・クリップなどで名を上げた人らしく、映像感覚や音楽の使い方が絶妙です。ラストに流れるBeckの“Everybody’s Gotta Learn Sometime”のメッセージは特に押しつけがましくなく、一気に深い感動をもたらします。多くの人は涙・涙ではないでしょうか。

Change your heart
Look around you
Change your heart
It will astound you
I need your lovin'
Like the sunshine

Everybody's gotta learn sometime
Everybody's gotta learn sometime
Everybody's gotta learn sometime 

“Everybody's gotta learn sometime” by Beck (抜粋)

_ 「誰もがみんな、いつか学ばなければならない事がある」―さて、何を?



以前に読んで頂いた方、再度に渡り申しわけございません。
(これからも多々ございます…)
この映画は非常に深いものがあり、多くの方に見ていただこうと意図しアップした記事です。
不思議な事に、この記事が激しい攻撃の末、閲覧困難になってしまったのです。
Everybody's gotta learn sometime という一節がサタニスト達のお気に召さなかったのでしょうか。
真相は解りません。しかし何であれ私も意地になっての再アップです。

冒頭のアレキサンダー・ポープの言葉は一般の心情を顕してはいるものの、幸せになれるのは常に「今」しかないという真実を反語的に取り上げました…



人気blogランキングへ愛の1クリックお願いいたします

こちらもご支援よろしくです。m(__)mにほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

プロフィール

さんかるぱ

Author:さんかるぱ
アメリカ在住13年。後、大阪に居を構え広い意味での「癒し」に関わる。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。