スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『神へ帰る』/“Home with God”

2007/08/25 Sat

あなたのなかにある真実以外に真実はない。
そのほかはすべて誰かがあなたに言っていることだ。


なるほど、その言葉は聞いたことがありますよ。誰もかれもが、自分こそあなたを真実に導いてあげると言おうとするってね。

そう。だが、真実に連れていってくれるのは、ただひとりだけだ


それは誰ですか。あなた?

いや


それじゃ誰ですか?

あなただ。


わたし?

そう、あなただ。
あなただけが、あなたを真実に連れていくことができる。なぜなら、真実のあるところは、ひとつだから。


まさか……「わたしのなか」とおっしゃるんじゃないでしょうね。

そのとおりだよ。あなたのなかにある真実以外に真実はない。そのほかすべては誰かがあなたに言っていることだ。

あなたがここでおっしゃることも含めて、ですか?

もちろん、そのとおりさ。

それじゃ何のためにこの対話をするんですか?何についてであれ、ひとの言葉を聞く意味はまったくないことにはなりませんか?

わたしは、外部の何者もあなたを導くことができない、と言ったのではないよ。あなたを真実に連れていくことができるのはあなただけだ、と言ったのだ。
(p.34~35)


『神との対話』に始まったニール・ドナルド・ウォルシュ氏のシリーズも10冊目となり、これで完結となるそうです。

でも、あなたは「ほかの道よりとくに良い道はない」とおっしゃる。そこで失礼ながらおたずねしたいんですが、どうすればその言葉が信じられますか?どうすれば何を信じたらいいのかわかりますか?

どんなことがあっても、ここで言われていることを信じてはいけない。

 え、何とおっしゃいました?

わたしが言うことを、ひとことだって信じてはいけない。
わたしが言うことを聞いて、それからあなたの心が真実だと告げることを信じなさい。
あなたの心にこそあなたの智慧が存在し、あなたの心にこそ真実が宿り、あなたの心にこそ神が住まって最も親密な交わりをしているのだから。
わたしが求めるのは、ただひとつだ。


どんなことですか?

どうか心と頭を混同しないでほしい。あなたの頭にあるのは他人がそこに置いたもの。あなたの心にあるのが、あなたがたずさえている、わたしだ。
(p.48~49)



自由意志による選択が、あなたが何であるのか、何になりたいのか、そして自分自身をどう経験したいのかを決める。
どんな状況でも、「それをどう見たい」と思うかを変えれば、視点を変えられる。何を見たいかを決めて、見たいものをそこに置けば、それが見えるのだよ。

(p.105)


…翻訳者の吉田利子氏も言うように、ニールさんの『神』は本当にクセになります。

この情報戦、神経戦の時代、「真実」を見据えることができるのは「こころ」だけです…



『神へ帰る』/ニール・ドナルド・ウォルシュ 著/吉田利子 訳/サンマーク出版




『菜食のススメ』

人気blogランキングへ愛の1クリックお願いいたします

こちらもご支援よろしくm(__)mにほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

テーマ : 読書
ジャンル : 小説・文学

菜食のススメ

2007/08/13 Mon

ブリア・サバランが「君が何を食べているか言ってみたまえ、君がどういう人間か当ててみせよう」と『美味礼賛』で言ったこと。それは、現代、違った重みを持ちはじめています。

食べたものがその人間の血肉となるのは自明のこと。
歴史的に世界中で存在したカンニバリズム(人肉嗜食)の風習は強い敵や、愛すべき身内のエネルギーを取り込む事を意図していました。つまり食べ物の持つエネルギーについての理解が前提です。

―そういう「人を喰った」話はともかく、肉一般は強酸性、陽性食物の代表です。
動物の肉は栄養学的に、血をネバネバ、ドロドロにしたい人にはうってつけの食材なのです。陽性の特徴は、外から中心に向かうエネルギーなので、血液は密になり濃度が高まります。


計算上、一秒間に牛3頭、豚5頭、鶏1100羽分が、計9tが食肉として殺害されているそうです。
1日では牛26万頭が屠殺されているというわけですね…
(-_-;)


『菜食のススメ』

恐らく上記のサイトが多くの人に閲覧されたら肉食人口はかなり減ることでしょう。
医学的見地、倫理的問題、環境問題との絡み、さらにはベジタリアンのための様々なフォロー情報があります。


「食卓のお肉ができるまで」

意識のあるまま吊り下げられ、首を切られ血を抜かれる豚や鶏たち、生きたままシュレッダーにかけられる牛、脅えて涙をぽろぽろ流す牛達、など…のビデオが観られる同サイトのページです。
苦しませて殺したほうが、アドレナリンが出て肉がおいしくなるのだそうですが。

くれぐれも心臓の弱い方、小さな子供さん、食後(特に肉食後)は観ないようにお願いします。
これを閲覧して平常心を保てる方はゾンビに違いありません。

卑劣なやり方に思われるかもしれません。
しかし肉食されている方は特に、この現実を直視した上で今後の判断材料としてください。

(わたしはこのページ下部、「畜産動物の痛み」からの「牛の作文1,2」にも心打たれました…)
(ToT)


「屠殺場の壁がガラス張りだったら、人々はみな、ベジタリアンになるでしょう。」
 ―ポール・マッカートニー

Ditto !  全く同感です。(-_-;)


675年天武天皇が肉食禁止令を出し、ご維新までの1000年間、日本人は卵すら食べない穀物、玄米菜食の民族でした。国策としてザンギリ頭を叩きながら肉鍋を食べ始めた大和民族は、ここからイルミナティの本格的な攻撃を受け始めたといっても過言ではありません。キリスト教布教解禁も明治元年のこと。
肉食習慣の押し付けも欧米か?の策略の一部と言って間違いありません。
高橋是清の要請で日露戦争の戦費を負担した、ジェイコブ・シフ(クーン・ロブ商会)はロスチャイルドの血縁。この時代から「彼ら」の仕掛けは微に入り細に入り実に周到に続いているのです。


一方、その元締めたるレプティリアンは普段、菜食であるといわれています。儀式では人間の生き血をすすり、屍肉を食べている彼らが、どうして家畜の肉を食べないのか誰か聞いてみてください。



人気blogランキングへ愛の1クリックお願いいたします

こちらもご支援よろしくm(__)mにほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ


お盆は逆さ吊りの苦しみ?

2007/08/09 Thu

異説があるものの、8月は葉が落ちる「葉落ち月」が変化して葉月となったようです。

お盆になると地獄の釜のふたが開くと聞かされて育ったわたしはこの時節には特別な思いがありました。
中学のころ、わたしの部屋は元納骨堂の上にあり、頻繁な金縛りに遭っていました。お盆の入りになると何だか、ざわざわと空気の密度が変わるようでとても怖かった事が思い出されます。
学生になって帰省したときでも怖くて家に帰れず、いつも朝帰りが習慣でした。
―それでも来るものはちゃんと来ましたが


元々お盆という言葉の由来はサンスクリット語のullambanam(ウランバナ)に由来するという説、イランのアヴェスタ語に発するウルバン(=魂)という説があります。サンスクリット語の起源を考えるとルーツは同じであると思われます。どちらにしても漢字に表記を写したのが盂蘭盆―つまりお盆です。

このウランバナとは「逆さ吊りにされた苦しみという意味があります。

盂蘭盆会経は初期の釈尊の教えを伝える説話集的性格の強い経典です。
神通力第一といわれた目連(モッガラーナ)が亡き母が霊界のどこにいるのか霊視したところ、何と餓鬼の世界に堕ちて苦しんでいました。

徳の高い母も、托鉢に回る釈尊の弟子たちよりも、わが子可愛さで、息子に多目の食べ物を喜捨してしまったことにより餓鬼道に堕ちてしまったことを釈尊から知らされます。
―霊界は信念体系の世界ですから、母自身が後ろめたい思いを持ちつつ、わが子に手厚くしていたということなのでしょう。

目連は、亡き母が食べさせようとするものがことごとく火に変わり苦しんでいる姿を視て、逆さ吊りされたような苦しみに悶え苦しみました。そこで釈尊に救いを求めたところ、他の修行僧たちに飲食物の供養をするよう言われます。これが施餓鬼の原点となったわけです。

大変な霊力の持ち主であった目連ですら幽界の魂を救う事はできませんでした。釈尊は仏・法・僧(これを真理と言い換えても…)に強く帰依することが我欲を超える手続きとして有効である事を示したのです。
真の心があるところに真の救済が生まれるという事でしょうか。

人の思いというのは非常に強力なものです。別にお盆時に限って霊がたくさんカミングアウトする必要はないのに、シェルドレイクの「形の場」による「形の共鳴」のようなことが起こっているのでしょう。

確かに昔のわたしにとってもお盆は逆さ吊りの苦しみに満ちていたのですが…
( ̄ε ̄;|||・・・

人気blogランキングへ愛の1クリックお願いいたします
こちらもご支援よろしくm(__)mにほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

またまたリセットですか…(≧▽≦)

2007/08/05 Sun

先日メインPCがクラッシュしてしまい入院中です…
(ノ_・。)
今回は初めて携帯から更新します。


思えばコメントスパムの怒涛の攻撃に対処する為に、こちらに引っ越し。今度はいくつかの貴重なデータが永久に失われるかも知れない非常事態。(データ引っ越し直前でした…)


全てに於いて偶然というものが存在しない以上、ここから何を学ぶか明確にしなければなりません。

一つには自身の危機管理能力でもあり、もう一つは新しいエネルギーのボルテックスに入る(8月8日からとも9月とも言われる…)前の大掃除という事です。
( ̄^ ̄)



旧ブログで、ずっと精神世界関係ーアセンション、チャネリングもの、トンデモ関連ーの書籍の紹介をして来ました。
しかし情報、知識は時事刻々と変化し、更新されなければなりません。


近年「二極化」が全てのフィールドで加速しています。これは二元論の場であるこの現象界の煮詰まりを顕著に顕す一つの通過点です。
別の言い方をすれば、光と闇のハルマゲドン真っ只中とも言えるでしょう。


わたし自身、アセンションの為の情報や行法のみに眼を奪われ全くグラウンディングができていませんでした。

その一種、反動としてこの世界を牛耳って来た闇の勢力を見過ごせなくなりました。


もう「ワクワク」「ドキドキ」する事ばかりしていたり、「ツイてる」人とだけ付き合っていたり、ただ祈るだけの日々を送っている訳には行かなくなりました。

サタニズム(悪魔崇拝主義)の系譜を見て行くと、現在著名なスピリチュアルリーダーと目される面々には疑わしい方々がてんこ盛りです…

悪魔はいつでも光輝く存在としてわたし達の前に現れます。
「悪魔のように大胆に天使のように細心に」という言葉があります。


わたしも大胆に且つ細心に天命を果たさせていただきたく思います。

プロフィール

さんかるぱ

Author:さんかるぱ
アメリカ在住13年。後、大阪に居を構え広い意味での「癒し」に関わる。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。