スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカシャ光の叡智 ゲリー・ボーネル

2009/08/30 Sun

アカシャ光の叡智 ゲリー・ボーネル


2、3月くらい前、ゲリー・ボーネルの新刊ということで本屋でチェックしました。
自伝的小説という形式になっていて一度は興味を消失。

後に、また手にとってパラ読みしたら、いくつも面白いパートが…
結局、500ページ近いヴォリュームにも関わらず、ほとんど一気読みでした


これはアカシック、アトランティス、アセンションなどについての著書をたくさん出しているゲリー・ボーネルの自伝的小説の2冊目です。
これに先立った『新次元の叡智』という著書があるのですが、2冊目から読み出しても何の遜色もありませんでした。
続編もあるでしょうが、これがひとつのハイライトになるのでは。


これは9歳のゲリー少年が父親の虐待をきっかけに、幽体離脱するようになり、指導霊的存在に出会い、様々なビジョンを見て、成長していくストーリー。
その描写の詳細なことに驚かされます。
ただの小説として読んでも、とても優れた作品だと思います。



「悟り」について面白い表現がありました。

「ポイントはジョークそのものではない。ジョークにおぼれる意欲、それに屈服すること、ここがポイント。“落ち”と君の笑いとの間には、言わば時間差があってそこは“今”と呼ばれている。“落ち”を聞いてから笑い出すまでの間、君の内側には、ある特定のフィーリングが浮上している。それが“今”を生きているときの心の状態なのだよ。“予期せぬこと”を通じて、君は“今”に至る。笑い出す前のこのフィーリングこそが、求道者たちが悟りと呼んできた心の状態なんだね。悟っている人間とは、最高のジョークを聞いた直後と同じような心の状態で生きている人間のこと」



迷信とか誤解を忘れることのほうが、新しいことをたくさん学ぶ事よりも大切なことだ。つまり、僕が余計なことを忘れれば忘れるほど、もともとある真実が、僕に戻ってきやすくなる



この作品中、ゲリー少年は9歳にして、叡智の獲得と光存在としての経験を急速に積んでいきます。

無邪気さが失われていく分、故郷に帰るためには知識も必要となるということも示しています…



取り分け重要なメッセージは「われわれに選択の余地があるというのは幻想である」ということ。

「神の手足」は何も選ばず、主張する事もありませんね。




ありがとうございます








ワンクリックありがとうございます<(_ _)>








スポンサーサイト

2009/08/15 Sat

先日、子供たちが観ていたTV番組。

都市伝説かなんかで「ハープ」という気象兵器のことが小耳に

中越、岩手の地震、さらにはスマトラの大惨事もアメリカが人為的に起こしたという「ホントのこと」を簡潔に言っていたので驚いてしまいました

いまどきのTVでは「エシュロン」とか「イルミナティ」とか平気で言うし、一体全体どうなっているんでしょうか…


翌日、あるコミュでその番組の事がトピックになっていたので書き込みをしました。

最初は結構おとなしいコメントの展開でしたが、やはり例に漏れず、堂々巡りに陥っていきました。

(ーー゛)


HAARPに関しては、米軍が公式に発表している部分だけでも恐るべきものがあります。

全てが情報戦の一部といえるので、信憑性の精度を判断するのは困難なのですが…



アメリカ空軍は1986年、武器としての電磁波使用調査報告を行っています。アメリカ政府が、軍事・警察活動のために、電磁波を使用していることは認知されています。

技術的根拠に関してはニコラ・テスラが、1940年のニューヨーク・タイムズの記事で、既に下記のことを述べています。

「これはシステムを使った兵器です。光線発生ボルトは5000万ボルトに上ります。ボルトをこれほど巨大にしておけば、防衛用にマイクロ電気粒子を発生させることができます。私は長年この発明に取り組んできて、最近多くの改善を見ることができました。」


イーストランド博士はニコラ・テスラ理論を継承し、1987年に特許を取得。

「マイクロ・ウェーブ・ニュース」誌1994年5-6月号で、イーストランドは電磁波によってエレクトロンの動きを加速させ「地球全体シールド」を開発する旨を述べた。彼は言う。「HAARP計画は、あらゆる意味でこのシールド開発の第一歩となるだろう。」

アメリカ空軍が1993年11月3日に行った記者会見によれば、HAARP計画はオーロラと電離層に関する計画とされた。「HAARP計画の第一目的は、低出力・高周波(2.8-10)のエネルギー放射装置を建設し、実験することである。」



謎の米軍施設『HAARP』、公文書が認めるその能力は



原理は電子レンジに似ていて、周波数を調整することによって嵐に熱を起こさせる。
そのエネルギーは莫大で、仮に電子レンジを600ワットとするとHAARPは17億キロワット。
ハリケーンに電磁波を飛ばせば、勢いが増し、被害は大きくなる。

地震の場合は、対象となる物質が持つ特有の周波数を強力に送り込むことで引き起こす。
オペラ歌手が、高い声でガラスのコップを割るパフォーマンスを見たことがある人も多いだろう。

同様に、ある周波数の電波を地面に発信すると石が割れる。
テスラが「地球でもリンゴを割るように」と表現した通りである。
また、電子レンジと同じ周波数を出すと地下水が熟くなり、地殻が膨張する。これによって地震を起こすことができる。

人工地震の特徴は、地震が起きる前に空でプラズマの塊が目撃されることである。
HAARPは高周波の強力な放射ビームを地球の電解層に飛ばしてから、地面に跳ね返させることができる。
1976年に中国で唐山地震が起き、公式発表で約24万人の死者が出たが、このときも凄い光が目撃されている。

フルフォード VS.HAARP




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「陰謀・共謀」のことを英語で conspiracy と言います。

これはcon-(共に)、spir-(息をする)ことから来ています。
(spirは当然スピリット=魂と同源の単語ですね…)

言葉というのは何て深いのでしょう…


人の命を命とも考えない輩が世界を支配している事は、動かしがたい現実。

一方、大きな視点から見ればそれぞれの存在には役目があります。

楽観も悲観も泡沫のこと。

共に地球に生きる存在として、「I」という存在が「I am」という存在として目覚める時、この世界は変わるのです。

この3次元世界で,、しっかりと自らの「実相」を追求して行きたいものです。


ありがとうございます










ワンクリックありがとうございます<(_ _)>









ハーバード、コロンビア大学等で祈りの研究②

2009/08/02 Sun

スピンドリフトによる実験

10年以上にわたり祈りの効果を客観的に研究しているスピンドリフトという組織があります。そこでは麦の発芽と祈りの関係を実験して、祈りの方や祈りの時間の長さ等々、効果ある「祈りの方法」について調査をしました。
麦のほかに大豆についても同様の実験を行いましたが、全く同じ結果でした。

実験の結果、「祈りの方法」に関し、次のように、非常に重要なことがわかりました。

1.祈りは実現する。

麦の発芽の実験で、祈られたグループの種子のほうの発芽率がはるかに高かった。(何度実験しても同じであった)・・・・祈りは発芽の成長に効果があった。

2.苦しい時ほど祈りの効果がる。

発芽しにくいように、麦の種を浸している水に塩分を加える実験で、塩分の濃度を増やすほど(つまりストレスを多く与えるほど)祈りの効果が大きかった。
このことは、祈ってもらう人が重い病気であるほど、あるいは、つらい、不幸な境遇にあるときほど、祈りの効果が大きいのです。

3.祈りの量は祈りの効果と比例する。

麦の発芽の実験で、祈る時間を2倍にした場合は、発芽率が2倍になりました。
このことは病人のために祈る場合、時々、祈る場合よりも、いつもその病人のことを思いながら、できるだけ多く、祈りの念を送ってあげるほうが、病人のためによいといえます。

4.対象を明確にした祈りが効果的。

祈りが効果を持つためには、誰に対して祈るか、或いは何に対して祈るかと、はっきり祈りの対象を明確にして、祈るほど、祈りの効果があるのです。
このことから、ただ漠然と祈るよりも、「病気のAさん、Bさん、Cさん、Dさん」と一人一人を意識しながら祈るほうが効果が大きいのです。

5.祈りの対象の数が増えても効果は減らない。

例えば種子を用いた実験では、種子の数が多くても少なくても、結果は同じでした。
このことから、祈りの対象数がいくら増えて、例えば1人の人への祈りであろうと、5人、10人であろうとも、祈りの効果は変わらないのです。

6.祈りの経験の長い人ほど祈りの効果が大きい。

実験によって、祈りの経験の長い人のほうが、浅い人よりも大きな効果を生むということが分かりました。
ですから「困った時の神頼み」で、急に思い立って祈る人よりも、ふだんから神棚や仏壇に向かってお祈りをしている人の祈りのほうが、はるかに効果が高いのです。
その意味では、神主や僧侶、神父、牧師さんの祈りの効果は大きいと思います。

7.「無指示的な祈り」は、「指示的な祈り」より効果が大きい。




「無指示的な祈り」は、「指示的な祈り」より効果が大きい。
スピンドリフトの研究者の最も重要な功績は、「無指示的な祈り」と「指示的な祈り」を区別したことです。

「指示的な祈り」とは、例えば、ガンが治癒すること、苦痛が消えることなど、祈る人が特定の目標やイメージを心に抱いて祈ることです。いわば祈る人は宇宙に「こうしてくれ」と注文をつける祈り方です。

無指示的な祈りは、なんらの結果も想像したり、注文したりせずに、ただ、「最良の結果になってください」とか「神の御心のままにしてください」と宇宙を信じてお任せする祈り方です。

実験結果では、「指示的な祈り」と「無指示的な祈り」のどちらも効果は上がりましたが、「無指示的な祈り」のほうが「指示的な祈り」の2倍以上の効果をもたらすことも多かったのです。

スピンドリフトの研究者たちは、この結果を見て、「科学的な見地から見れば、どうすべきかを知っている『力』が存在するという事実は衝撃的です」と語っています。

祈りによって愛にあふれた知性とつながる時、その「どうすべきを知っている『力』」は、祈りの対象を最適な状態に向けて動かし、その対象の本当のニーズに最も合った方向へと導くのです。

考えてみれば、いかに私たちの日常生活の中で、「自分にできることは祈るしかない」という場面が多いことでしょう。このような時に祈りがこのような効果があるという事実は、私たちに大きな自信と勇気を与えてくれます。

また、常に他を思い、幸せを祈る心を持ち続けることの大切さと、大いなる存在への「み心のままに」という「おまかせ」の願いの大切さをあらためて強く教えられました。









ワンクリックありがとうございます<(_ _)>









プロフィール

さんかるぱ

Author:さんかるぱ
アメリカ在住13年。後、大阪に居を構え広い意味での「癒し」に関わる。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。