スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常識を否定した健康管理

2010/09/27 Mon

1999年に行われたフィンランドの保健省調査では、私たちの常識を否定するような意外な結果が出ました。

40歳から45歳の管理職、約600人を対象にして定期的に健診、栄養学的調査を受けてもらい、毎日運動をする、タバコ、酒、砂糖などはひかえめにするといった完全な健康管理を15年間実施しました。

医師が頻繁に健康診断をし、その都度、被験者に、カラダの悪いところを忠実に伝え、薬その他で正常化のための治療をするなど厳重な管理を行いました。

それに対し同じ職業に属する別の600人を選び、これらの人たちには、まったくといってよいほど放置し、常識的な個人による健康管理にまかせました。

ところが,完全な健康管理体制にある人たちは、医師からの完全管理に関わらず、心臓病、高血圧といった循環器系の病気、死亡、自殺などすべてにおいて、個人の健康管理にまかせた人たちよりも多かったのです。

医師たちはこの意外な結果に驚き、実験結果の公表を控えたとのことです。


このことを裏付けるような記事が、船井幸雄さんの「本音で生きよう」(ビジネス社)に、㈱トータルヘルスデザイン会長・近藤洋一氏のお手紙が紹介されていました。以下、そのお手紙からです。

私事で恐縮ですが、こんな体験をしたことがあります。
30歳のとき体調を崩して病院に行ったところ、さんざん検査をされた挙句、食事や酒、タバコを初め、日常生活の細部にわたって健康指導を受けるなど、不自由な薬漬けの毎日を送らざるを得ない羽目になりました。

ある時、悟ることがあって通院するのをやめ、好き気ままな元の生活に戻したところ、すっかり元気になりました。

そのとき「医者には行かない、検査をしない、薬は飲まない」と心に決めました。

病院に行くと、マイナス指摘ばかりされるので、ついつい気になります。気にしていると、そのマイナスが実現していくことになります。これでは本当の病人になってしまうと感じたからです。

病院のお医者さんは、データを見ることはあっても、人間を見ることはないように感じました。

患者もわざわざ病院に行く必要のない、放っておいたら自然に治ってしまうようなことで、病院に駆け込むのですから、医者もうんざりするように思うのです。

医者と患者が共同で病気をつくり出しているのではないかと思えてきます。

(以上)



上の二つの事例は、過保護や医者任せの健康管理、病気を握ることは返って病気を創ると教えているようです。

痴呆研究の第一人者である大友英一医学博士(浴風会病院会長)の「ボケにならないために」(誠実堂出版)に、大友先生が、財界、政界、学界、芸術界などで活躍中の76歳から100歳の現役の方々35名にインタビューを行い、これらの方々に共通した点を次のようにまとめていたそうです。


バリバリ現役財界人etcの共通点

1.自ら老け込むことがない 
いつまでも壮年の気構えを持っている。 
そして若い人以上に物事に興味や関心を持っている。

2.血圧はほとんどの方が正常である 
100歳以上の人に高血圧の人は一人もいなかった。
長命のためには血管を若く保つ必要がある。

3.無頓着で、自分の血圧を知らない人が10人いた。

4.太りすぎの人は一人もいなかった 
肥満は動脈硬化のリスクファクターである。

5.これらの大部分の人は大病の経験がない

6.煙草はほとんどの人が吸わない

7.深酒する人は一人もいない

8.ほとんどの人が何らかの運動を心がけている 
35人中32人の方が運動をしている。運動は肥満を防ぎ、足腰をきたえ、筋肉の萎縮を防ぎ、脳の血流をふやし代謝をさかんにする。

9.ほとんどの人が筆まめである 
頭を使って自己を表現すること、例えば話す、絵をかく、俳句をつくるなどは頭の老化を防ぐのに最も効果があります。


長命であり、かくしゃくと生きておられるこれらの方々は、生き甲斐を持ち、自ら人生を楽しみ、「からだ」と「あたま」の若さ維持に人一倍努力する勤勉家ともいえます。

そして、共通点として、健康管理に無頓着で、後ろ向き、神経質ではなかったということは、先の事例そのままの正しさを納得させるようです。


оΟ゜Ο。.・оΟ゜Ο。.・оΟ゜Ο。.・оΟ゜оΟ゜Ο。.・оΟ゜Ο。.・

SNSから頂いた日記です。

医療や所謂、西洋医学に対する盲信は様々な観点から考え直すべき時期が来ていると同感しています。









ワンクリックありがとうございます<(_ _)>











スポンサーサイト

扉をたたく人 the Visitor (2008年アメリカ映画)~ 9.11事件から9年

2010/09/11 Sat

「虚偽がまかり通る時代には、真実を語ることは革命的行為である」~ジョージ・オーウェル



妻を亡くして以来心を閉ざしてしまった初老の大学教授。
NYで不法滞在のシリア人のジャンベ(アフリカン・ドラム)奏者と出会い、演奏を教えてもらい交流が進むにつれ心の扉が少しずつ開かれていく。そうした中、そのシリア人の友人は移民局に逮捕され…といったストーリー。

非常に静かな流れの中に、多くの、表現困難な、様々な感情の揺らぎを感じる映画でした。
長年様々な脇役を演じてきたリチャード・ジェンキンスの演技も、脚本も秀逸。

この映画は元々4館のみで公開されたのが口コミで270館に拡大上映されたそうです。
スター不在でありながら大きな収益を上げ、オスカーにも主演男優賞にノミネート。
WTC「テロ」事件を直接描いた映画ではありませんが、「その後」のNYを舞台にした素晴らしい映画です。


邦題の「扉をたたく人」というのは人間の「心」に焦点を当てて、それなりに考えられたものでしょう。
原題の the Visitor となると、主役の老教授の心のみならず、不法滞在で逮捕されるシリア人青年を合州国への「訪問者」と見做す、ちょっと皮肉な二重の意味になっているのかもしれません。
本来アメリカは、外からの「訪問者」の国として成り立っているのですが…



全てが急速に変化したのは9.11以降のこと。


9,11事件とは「テロとの闘い」という虚構の始まり。
トカゲ一族たちが世界統一政府をもくろむ「終わりの始まり」として仕掛けた事件でした。


隠然と、ある時は公然と世界を操るイルミナティがどのように有力な人間をリクルートするのか?


アメリカのショウビジネス界の有力なプロデューサーであり、政治にも意欲的だったアーロン・ルッソがニック・ロックフェラーとの会話を暴露した有名なインタヴュー。

ニック・ロックフェラーは「全住民にマイクロチップを埋め込むのが最終目標だ」と言った

「ロックフェラーの友は、911を事前に予告した」 アーロン・ルッソ (1 of 2)


9.11の真実(2007~9 9/11 過去2年分のまとめ)
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1280775055&owner_id=3298115



9.11事件が起きた2001年頃の自分はイルミナティとアヌンナキの区別も付かない、全くの無知状態でした。

昔、ユダヤの陰謀論というのが流行りになったことがあって、いわゆるユダヤのプロトコール(議定書)に関する本を何冊か読んだのが20数年前。
その時は所謂「陰謀論」として強く感じるものはありませんでしたが、9.11事件を契機として「真相」を知るほどに、点と線がつながり始めました。


一方、多くの覚者が、9.11事件は人類に対するウェイクアップコールである、と言った意味も、今はよく理解できます。

3000近くもの魂があのような形で我々人類に目覚めを促してくれたことに対する感謝。
または、無間地獄に陥ちる事も厭わない勇気ある闇の一族たちへの憐憫…


物事をどう捉えるかは個人の勝手。

しかし、物事のしっかりとした背景は捉えていたほうが、そうでないよりも遥かに望ましいと思います。



騙される方法は二つある。
一つは嘘を信じることで、二つ目は真実そのものをを拒絶することである
~セーレン・キエルケゴール


それでも全ては上手く行っている…
それが断固とした自分の立ち位置です



感謝、合掌








ワンクリックありがとうございます<(_ _)>










WHEN YOU'RE SMILING ~君ほほえめば

2010/09/05 Sun

最近Sフトバンク社のCMで流れるルイ“サッチモ”アームストロングの曲。

色々な歴史的ミュージシャンがカヴァーしてきた名曲ですが、急に歌詞が気になり調べてみました。

殆どのヴァージョンがコーラス部というかサビの部分のみを歌っているのですが、ヴァース(最初の語りの部分)を読むと、とても意味の深さを感じます…


Louis Armstrong When You're Smiling


(VERSE1)

I saw a blind man, he was a kind man

Helping a fellow along

One could not see, one could not walk

But they both were humming this song

(VERSE2)

I used to worry, I used to hurry

Each time it started to rain

Now I see light, learned wrong from right

And you’ll never hear me complain


(CHORUS)

When you’re smiling, when you’re smiling

The whole world smiles with you

When you’re laughing, when you’re laughing

The sun comes shining thru


But when you’re crying, you bring on the rain

So stop your sighing, be happy again

Keep on smiling, ‘cause when you’re smiling

The whole world smiles with you


《日本語和訳歌詞》


(ヴァース1)

目の見えない男性をみかけたんだ

彼はとっても心の優しい持ち主だった


そしてその彼は、同じように障害を持った

足の不自由な友達に手を差し伸べ

ゆっくりと一緒に歩いていた


一人は目が見えず、そしてもう一人は

一人で歩くことが出来なかった


でも、そんな彼らが二人で肩を並べて

この歌を楽しげに歌っていたんだ


(ヴァース2)

僕はいつもクヨクヨしたり

何かあるとすぐにあわてて大騒ぎしていた


それで結局最後は

その度に雨が降り出す始末


でも、今やっと分かったんだ!!


みんな一人では生きていけないんだから

仲間同士助け合って

楽しく陽気に歌いながら生きる!!


そんな彼らの姿を見て

今までの僕の生き方は間違っていたと教わったんだ


だからいいかい?諸君!!

君たちが僕のグチを耳にするなんてことは

もう二度と、絶対にないよ!!


(コーラス)

君が微笑めば

君がニコニコと微笑んでいれば

世界中の全ての人々も

みんなが君に笑顔で答えてくれるよ


どんなに小さなことにも楽しみを見出して

陽気に笑っていれば

人生そのものだってキラキラと輝き出すものさ


でも、もし君が気弱になって泣き叫べば雨を呼ぶよ

でも、くよくよしたりため息をつくのをやめれば

また幸せになれる


だから、いつも笑顔でいるんだ!!

なぜって?

笑顔は幸せを呼ぶからさ!!


いつも微笑みを絶やさずにいれば

世界中が君に笑いかけるよ!!



若生りえ Jazz Songs & Diary

Billie Holiday-When You're Smiling

Frank Sinatra When you're smiling

Doris Day - When Your Smiling


ビリー・ホリデイ始め錚々たるカヴァーですが、矢張りサッチモには敵いませんね…

キッパリ( ̄^ ̄)











ワンクリックありがとうございます<(_ _)>










テーマ : こころ
ジャンル : 心と身体

「今伝えたい生きることの真実」

2010/09/03 Fri

竹田和平氏は、タマゴボーロで有名なお菓子会社・竹田製菓の経営者、ゆうに100億を超える資産を保有し、上場企業百社以上の大株主でもあり、日本一の個人投資家という顔も持つ大富豪です(1933年生)。


その竹田和平氏の著書「今伝えたい生きることの真実」からです。



人間は永遠の存在であると信じること

●すべての人間は天の分身である。そういう当たり前の智恵こそが繁栄への礎となる。

●自分という字は、自然を分かち合うと書くでしょう。自然とは、天のことよ。
天は自分の姿を見たくなって人間を創った。つまり、すべての人間は天の分身なんだね。

●人間が天の分身であるように、苦しみや楽しみといった感情も、元をたどれば天に行き着く。
この世のすべては、もともとみんなひとつなんだ。
そういう根本の智恵が今は薄れてきてしまって、枝葉末節の智恵ばかりを一生懸命に学ぼうとしている人が多いんだね。

●何事も根本から見ていかないといかんのよ。
人間は根本に生かされているということを知らならないと、未来の繁栄はやってこないんだから。

●根本というのは、元気の元となるこの根っこだと思えばいい。

●植物は、太陽のエネルギーを浴び、光合成して、そのエネルギーを根本に送って大きく育ち、花を咲かせ実をならせ、子孫を繁栄させるでしょう。
つまり、根本は発展を司る場所であり、発展の意思なんだね。
だから根本は大切にしなければいけない。そのためには、先ず、物事の根本はどこにあるのかを知る必要がある。
人間はなぜ生まれたのか、なぜ自分は天に生かされとるのか。
そういうことを知っていないと、自分を輝かせることもできないし、運も向いてこないんだ。

●まず、“人間は永遠の存在である”と信じることからすべてが始まる。
自己は永遠であると、輪廻転生、因果応報を信じることからすべてが始まる。
なぜなら、それが生きる上での根本となる考え方だからなんだね。

●そのことを知っていれば、何か悪い出来事が起こった時にも「自分は過去世において何か悪いことをしたのかな」と考えることができる。
そうすると、「ごめんなさい」という世界になるわけだ。

●今生に満足しとらん人もいっぱいおるだろうけど、それは、過去世において自分の行いのせいだと思わなきゃいかん。
そして不満ばかり並べ立てていないで、来世ではどう生きたいのか、そのために自分が今生でできることは何かを考える。
我々は与え与えられる因果応報の中で生きていると知っていれば、答えはおのずと見えてくるわね。
この信念に基づいて行動すると、今まで見えなかった世界がパーッと開かれて、生きていることを強く実感できるようになるはずだよ。


оΟ゜Ο。.・оΟ゜Ο。.・оΟ゜Ο。.・оΟ゜оΟ゜Ο。.・

ありがとうシャワーを浴びたタマゴボーロ、長年食べていないです…










ワンクリックありがとうございます<(_ _)>










プロフィール

さんかるぱ

Author:さんかるぱ
アメリカ在住13年。後、大阪に居を構え広い意味での「癒し」に関わる。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。