スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イノセンス

2009/06/04 Thu

今さら、ですが、一匹の虫、一本の草木に、それどころか、わたし達が「無生物」と見做す全てに魂(いのち)は宿っています。

しかしコンピューターや機械、あるいはロボット、サイボーグ、アンドロイド…など、人間が創り上げたものに魂が宿る事はあるのでしょうか?
ギルバート・ライルの「機械の中の幽霊」とか、認知論や哲学のややこしい話はたくさんありますが…


古く、映画の世界では『2001年』のスーパーコンピューターHAL、『ブレードランナー』のアンドロイドたち…に「魂」は宿っていたのでしょうか?

魂とは何かという問いは、人間とは何か?という問いでもあります…

6a00d834f3ee0569e200e54f308f928834-800wi.jpg 無題bladerunner

人間の被造物であっても魂や心がそこに「在る」のか、
それとも胎児のように、ある一定期間の後に、そこに「入る」ものなのか…


5年前の日本の映画で『イノセンス』というアニメ映画がありました。
卓越した映像技術と斬新なサウンドトラックが印象的でした。

この映画はフランスのSF作家リラダンの代表作『未来のイヴ』や、ギリシャ神話の「ピュグマリオン」をベースとしています。
「人間はなぜ自分の似姿を、その理想型として創造しようとするのか」という問いかけは古いものですね。


74f5ec01.jpg


この映画の公開当時、TVのスポットで流れていた“Follow Me”という曲に心が捉えられました。
ロドリゴ作曲、アランフェス交響曲のメロディに乗ったジャズヴォーカル。
歌っていたのは伊藤君子さんでした。

彼女がデビューした82年に先立つ4年ほど前、麻布のあるナイトクラブで歌声を聴いたことがあります。
これから必ずメジャーになるから…との触れ込みでしたが、この曲に出会うまで、長い事彼女の名前を知る人は少なかったのではないでしょうか…
かなり小柄ながらパワフルな歌声で、勢いのある“Day By Day”などを歌っていました。
正直な所、余り好きなタイプのシンガーではなかったのですが。

この日記を書く際、彼女のイメージを検索しましたが、この30年の歳月は彼女を豊かにしたように感じます。

20080817001a.jpg


イノセンス: 攻殻機動 Ghost in the Shell - Innocence Trailer

http://www.youtube.com/watch?v=tRD2PH4W7tk

Follow Me (Lyric: Herbert Kretzmer/Hal Shapey) (訳 by cygnus_odile)

Follow me to a land across the shining sea
Waiting beyond the world we have known
Beyond the world the dream could be
And the joy we have tasted.


私について来なさい、光り輝く海を渡り、
我々の知るこの世界の彼方で待っている国へと
夢見たことさえ無い世界が、
味わったことの無い喜びが待っている国へと。


Follow me along the road that only love can see
Rising above the fun years of the night
Into the light beyond the tears
And all the years we have wasted.


私について来なさい、愛だけが見ることのできる道を通って、
歳月を重ねた夜の喜びよりも高みへ昇るその道を、
訣別の涙も及ばず、
費してきた歳月も及ばぬ、光の中へと。


Follow me to a distant land this mountain high
Where all the music that we always kept inside will fill the sky
Singing in the silent swerve a heart is free
While the world goes on turning and turning
Turning and falling.


私について来なさい、この高い山の向こうの遠い国へと、
そこでは、私達がいつも内に秘めていた全ての音楽が空を満たすでしょう
静寂なる逸脱の中で歌えば、心は開放され、
そして、世界は周り、回り続け、
回って、落ちてゆくのです。



主人公のアンドロイド、バトーは何度も呟きます。

「シーザーを理解するためにシーザーである必要はない」

バトー(フランス語で「船」)は、人間と機械を繋ぐ水先案内人なのでしょうか??



傀儡謡(くぐつうた)_新世に神集ひて
http://www.youtube.com/watch?v=9xJNAVD3yrU&eurl=http%3A%2F%2Fkasumisounotane%2Eblog35%2Efc2%2Ecom%2Fblog%2Dentry%2D25%2Ehtml&feature=player_embedded


実際に聴き比べると随分と違う曲なのですが、更に強いシャーマン的なパワー感じる曲…

神々の詩(姫神)
http://www.youtube.com/watch?v=yVIcyRHIBI8&feature=related







ワンクリックありがとうございます<(_ _)>









スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さんかるぱ

Author:さんかるぱ
アメリカ在住13年。後、大阪に居を構え広い意味での「癒し」に関わる。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。