スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「セークレッド・ミラーズ 聖なる鏡」“Sacred Mirrors”― アレックス・グレイ

2009/06/22 Mon

797oversoul_m.jpg


久し振りにプロフィール写真を変えました。

今度も大好きなアレックス・グレイの作品です。


グレイ―は1953年、オハイオ州コロンバス生まれ。
アメリカを代表するサイケデリック・アートの巨匠のひとりです。

彼のタッチには極めて精緻で力強いリアリティがあります。
その作品は自らのスピリチュアルな体験に支えられ、チベット密教はじめ東洋哲学、超心理学が融合した、神秘的な世界を表現しています。

幼少から彼の興味は、生と死の「極性」の探求にあったということです。
彼の本名は「ヴェルジー」なのですが極性融解の表現として‘76年に改名しました。
白と黒の中間~中庸、中道という事ですね…


グレイの描く世界に、ユングがいうような「集合的無意識」が表現されている、と指摘する意見多数。

彼のサイケデリックな作品を視て「これは実写ですか?」と聞いた私の知人が何人もいます

(そして私自身も彼の描く幾つかのイメージを垣間見た事があります…)

theologue.jpg


803collectivevision_m.jpg



サイケデリックという言葉は、精神科医のH・オズモンドが考案した、LSD(幻覚剤)の大量投与による人格開放の療法に由来します。
その後LSDが創造的感性を高めるとして、多くの芸術家や音楽家に広まっていきました。

798one_m.jpg




英語ではpsychedelic で「psyche」 とはギリシャ神話に登場する、人間の娘プシュケに由来します。

彼女は女神アフロディテに様々な試練を与えられるのですが、それを克服する事で後に神となります。
その過程で、初めて生きたまま冥界の川を渡った人間ということで、その名が{魂}という意味を表すようになったということです。

―ちょっと横道ですが、グレイをサイケデリック・アートの巨匠と呼ぶべき符合を感じました。


日本では上記のように河出書房新社から美術書が出ていますが既に廃刊になっています。
(アマゾンでの、たった1件のレビューは、わたしです…)




http://www.amazon.co.jp/%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%BA%E2%80%95%E8%81%96%E3%81%AA%E3%82%8B%E9%8F%A1-%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC/dp/4309901174


ウエッブ上のフラッシュで動く〝Sacred Mirrors”~これはすごい!!

作者の意図がよく見えるパフォーマンスになっていて、こちらも一見をお勧めします。
セークレッド・ミラーズ


оΟ゜Ο。.・оΟ゜Ο。.・оΟ゜Ο。.・оΟ゜оΟ゜Ο。.・оΟ゜Ο。.・

昨夜PCの画像整理をしていて、懸案だったプロフ写真を差し替えました。
そして自分のトップページで確認したとき、あるマイミクさんの日記が気になり拝読させていただきました。

その方の臨死体験のお話で、大変感銘を受けて再度トップページに帰ってきたとき、そのマイミクさんからメッセージが来ていたのです

プロフ写真を大変気に入っていただいたということなので、またまたビックリ
今変えたばっかりだったのに …

そんな経緯で書かせていただきました。



>臨死(覚醒)する直前直後の、すべてとの一体感を感じ始める瞬間を、
>デジタルっぽく表現したような感じで、

>すごく好きです(^-^)


―との、簡潔で素晴らしいコメントを無断転載させていただきます。
<(_ _)>

この数行を前にすると、わたしの日記は無駄だらけに見えてしまいますね…ハイ
(ーー゛)


ありがとうございます








ワンクリックありがとうございます<(_ _)>









スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さんかるぱ

Author:さんかるぱ
アメリカ在住13年。後、大阪に居を構え広い意味での「癒し」に関わる。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。