スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Milgram's 37 ~ミルグラムの37人

2009/09/16 Wed

昔アメリカのミルグラムと言う大学教授が、「懲罰を用いれば学習能力は向上するのか?」という有名な実験をしました。

電極につながれた被験者に単語を覚えさせ、間違うと電気ショックによる刺激が与えられるという方法。

実験は、電極板を付けた被験者と、電気ショックのスイッチを押す役目に分かれます。

そして被験者が間違った答えをだすたびに、電圧を上げるスイッチを押すという仕組みになっています。

スイッチを押す役目の人は、被験者が間違いをするたびに、電圧が最高レベルになるまでスイッチを押しつづけました。

被験者にはものすごい苦痛が伴うはずなのに…


実はこの実験は学習能力と懲罰の関連性の実験でも何でもなく、

「人間は自分が責任をとらなくてもいいのであれば、あっさりと他人の言うことに従い、どんなことでもするのか?」

~ということを検証する実験だったのです。

実際に電極には電流が流れず、フェイクの被験者は演技をしていただけ。

本当はスイッチを押す人が実験させられていたのでした。

一方、協力した40人中37人はほとんど臆することなくスイッチを押したそうです。


この話を題材にPeter Gabrielは“Milgram's 37” という曲を作りました。

この曲のフレーズ

「We do what we're told (私たちは言われたとおりにする)」

~はそういった意味を持っているのですが、

PGはライブでこの曲を演奏するときにオーディエンスに「We do what we're told」と何度も何度も連呼させるのです。

もちろん深い意味を知らないオーディエンスは言われたとおりに大声で何度も叫びます。


We do what we're told 
We do what we're told ・・・・・と


―怖い話にも思えますが、現実には、よくありがちな話でもあります。

(ーー゛)



しかし物事の解釈には常に両面が。

それは40人中3人も、唯々諾々と言われるがままにならなかったということ。

確率で言うと7.5%

5%の目覚めた人類意識で世界を救うという運動をしている人もいます。

中々捨てたものではありません…




感謝 弥栄









ワンクリックありがとうございます<(_ _)>









スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さんかるぱ

Author:さんかるぱ
アメリカ在住13年。後、大阪に居を構え広い意味での「癒し」に関わる。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。