スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本は「カタ」の国

2009/10/27 Tue

1316281689_208.jpg


既にご存知の方も多いかと思いますが、日本(日本人)の果たす役割を解き明かした記事を紹介させていただきます。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

日本は世界のひな型となっている。日本が乱れると世界が乱れるのです。
地形的にも日本は世界の縮図のようになっています。
気候までが不思議と対応しているのです。

日月神示にも、日本は世界の「カタ」の国とあります。
確かに、世界地図を見れば、日本列島が、世界の五大大陸をちょうど寄せ集めたような形をしていることが分かります。


北海道は北アメリカ、
本州はユーラシア大陸(ヨーロッパ・アジア大陸)、
九州がアフリカ、
四国はオーストラリア、
それと日本と関係の深い台湾が南アフリカに対応しています。

富士山の位置にヒマラヤ山脈があることもピッタリ。
その他にも、地中海=瀬戸内海、カスピ海=琵琶湖など驚くほど対応しているのは不思議です。


日本で起こったことが世界に移写するという雛形論は、日本を祖型国家としてとらえるとさらに興味深い、という説もあります。


以下、中矢伸一氏「日月神示 ミクロの世の到来」(徳間書店)を参考にします。

世界の「カタ」の国とは、どういうことでしょうか。
それは良きにしろ、悪しきにしろ、日本に起こったことがプロトタイプ(原型)となり、それがやがて相似形をして世界全体に波及するということです。
日本が変わることで、本当に世界は変わるのです。

日本が堕落すれば世界は堕落し、日本が正しき道を復活させれば、世界はこれに習って秩序と繁栄を取り戻すことになります。

しかし誤解してはならないことは、日本は神の国であり、日本人は神の臣民であるからといって、他の民族よりも優位に

位置づけたりするものでは決してないということです。

むしろ、神の国の臣民であるからこそ、第一に襟を正し、率先してマコトの道にいそしみ、神の威光というものを体現しなくてはならない義務があるのです。


第119代・光格天皇の御製に、

「神様の 国に生まれて神様の 道が嫌なら 外国へいけ」
という歌があります。

顔は日本人でも、魂はガイコク(幽界)人という人間があまりにも多い現代において、この国を『神国』に立て直すのは容易なことではないと思います。

私たちは、まず己に厳しくあることで、マコトを貫き、世界に先駆けて正しき道の復活をはからねばなりません。それはとにもかくにも、日本が世界の「型」の国であるからです。

新しき型はこの中からぞ、日本からぞ。日本がよくならねば、世界はよくならん」
(日月神示『春の巻』第42帖)より









ワンクリックありがとうございます<(_ _)>











スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さんかるぱ

Author:さんかるぱ
アメリカ在住13年。後、大阪に居を構え広い意味での「癒し」に関わる。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。