スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良いところだけを見る

2009/11/28 Sat

TM瞑想(超越瞑想)の創始者であるマハリシ・マヘーシュ・ヨーギは著書「超越瞑想入門」(読売新聞社)の中で、

「どんな人にも何かしらの善い点があるものです。他人の善を見ることは、偉大な技術です」と言い、ある賢人の話を引用しています。



その賢人は、
どんなものを見ても、どんな人に会っても、悪い点を見ることによって心を汚すことは決してしないのでした。

ある日、賢人の家の前に、死んだ犬が無残な姿で横たわっていました。犬はいやな臭いがしていました。目を背けたくなるような姿です。

ところが、賢人は声高く、「ほら、あのきれいな歯をご覧なさい。まるで真珠のようにきらきら光っているではありませんか!」
と言ったのです。

そのとき賢人は、側に行った弟子たちに言葉を添えて言いました。
「自分から無視しょうとしないかぎり、神の王国にあるすべてのものには何かしら善い点が見つかるものです」



★どんな苦難もまず肯定し、肯定の理由は後付けする。 
同じ出来事でも、「ウザい」と思えばウザくなり、
「楽しい」と言えば楽しいことになります。
何か起きたとき、その意味づけをするのは自分です。


★悪い言葉が出そうになったら、とりあえず理屈ぬきで、
「よかった」
「感動だ」
「興奮する」
「ありがたい」
「面白い」
といった言葉にむりやり置き換えて使ってみましょう。


★窮地に陥ったときは、何も考えず、まずは
「よかった!」
と言ってみる。
そう言えば、そのあとに続く適切な言葉が出てくるものです。



決してアラ探しに励むのではなく「良かった探し」に努めましょう。










ワンクリックありがとうございます<(_ _)>










スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さんかるぱ

Author:さんかるぱ
アメリカ在住13年。後、大阪に居を構え広い意味での「癒し」に関わる。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。