スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『プリズム・オブ・リラ』

2007/09/03 Mon

「この地に生まれ、やがては死すべき運命にある我らの肉体は、「血」と「息」という姿かたちを示しはするが、元来、この二つが混じりあったが故に、我らの「魂」が生れたわけではない。
さらにまた、「魂」そのものの組成も、これら二つの合成物ではない。
我らの「魂」は、ある別の地点からやって来たものである。」~エンペドクレス


「古典」になりつつある本書は宇宙の起源から始まります。
その登場人物は琴座、ベガ、シリウス、オリオン、プレアデス、アルクトゥルス、ゼータ・レチクル、そして地球人…という、銀河宇宙の壮大なスケールをもった叙事詩です。
アモラ・クァン・インの『プレアデス―惑星と人類の物語』は太陽系レヴェルの話でしたが、さらにスケール・アップした内容です。

そして、悪いことに(?)この途轍もないストーリーが、わたしが今までに蓄積した情報、知識、直感を取り混ぜて、今までにスッキリとしなかった、数々の疑問に対する答えを与えてくれた書物でした。

本書を手に取るような人はどのような人なのでしょうか?
…などと他人事のように考えてしまうのですが、日本で1992年に出版されて以来、今日にいたるまで増版を重ねています。
何であれ、わたし的には嬉しいことです。
この手の情報を徹底的に荒唐無稽とする一般メディアに与しない人が、多数存在することの証と言えるので。


著者のひとり、リサ・ロイヤルは80年代にチャネリングの能力を獲得し、現在進行中である人類の意識変容の背景について、詳しい情報を発信し続けています。
彼女がインスパイアされたという、「バシャール」シリーズのダリル・アンカの著書の中に、この著作に通ずる、忘れられない一節がありました。

「地球上には2種類の宇宙人がいる。ひとつは鯨類であり、もうひとつは人間である」という件です。
これはわたしの深い部分に、20年くらい前インプットされました。
―そして、それに対する驚くべき回答を、本書の内に見出したわけです。

いつも言うように、この種の情報を真に受ける必要は全くありません。
しかし、「事実」あるいは「象徴」として受け入れるのは読者の自由であるものの、「『事実』も『象徴』も究極的には同じである」という著者の序文の言葉には深く、重い意味があります。


最近、目覚めた「ライトワーカー」達が様々な発信をする中で、例えば、自分はプレアデス系であるとか標榜する方も目立ち始めました。
これは現在地球上で蔓延する人種や様々な差別を宇宙的に拡大する“same old story”に、なりかねないことです。
著者のこの指摘には、正直なところ、少し虚を突かれました。


「すべての魂は『大いなるすべて』の一部であり、『大いなる源』への回帰が『意識たち』(これはわたし達全ての魂)の最終ゴール」
「宇宙人は太古の地球と密接なつながりを持ち、太古の宇宙人文明の経験や試練は、人類のエーテルレベルの記憶に現在でも生きている」
―この著作のメッセージは、この2点に集約されます。

輪廻転生をも信じない人には、この本も、わたしが紹介する他の本も基本的に胡散臭く思われることでしょう。

一方、『千の風になって』という曲が昨年、大ヒットしました。
メアリー・フライというアメリカ女性によって書かれた、この美しい詩のメッセージは「魂は死によって終わるのではない」ということに尽きます。
それが人々の心の奥底を揺さぶっているから、異例のブームを呼んだのでしょう。

この本は、わたし達の魂深く―DNA内部に吹き渡る銀河の風を、喚び起こすことができる。
そういう思いをいただきました。

感謝合掌

“The Prism of Lyra”/リサ・ロイヤル、キース・プリースト 著/星名一美 訳/星雲社




人気blogランキングへ愛の1クリックお願いいたします

こちらもご支援よろしくm(__)mにほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ




スポンサーサイト

コメント

Secret

プリズム オブ リラ

貴ブログのこのコメントは、慧眼の至りですね。
『プリズム・オブ・リラ』で説かれている内容は、霊的認識力の高さを垣間見させてくれます。
表紙絵で購買を躊躇させましたが、中身は、相当、高次な宇宙真理です。

ただ、この本がどのレベルを対象に提供されたものか、果たして一般人(スピリツアル系)にどれだけ理解されるか、説得できるのかは、別問題なのでしょうが、それでも、ここまでディスクロージャーしなくてはならない意味、うーん?難しいものがあります。
分かる人が分かればいい?

ただ外惑星を出自とし、太陽系に転生してくる進化した魂にとっては、地球の歴史学からは想像だに出来ない内容に、あらためて宇宙大のカルチャーの衝撃を覚える筈です。

初めて貴ブログを読んでいますが、たびたび、訪れてみたいものです。
ありがとうございます。

プリズム・オブ・リラ

I have a dream さま

コメントありがとうございます。
<m(__)m>

この著作が出版されて15年経ちわたしの許に現れたのは完璧なタイミングでした。

現在は世界が大激変の最中です。
様々な情報・知識の洪水に流されることなく、「心」で真実を見極めていきたいものと思っております。

今後ともよろしくお願いいたします。

プロフィール

さんかるぱ

Author:さんかるぱ
アメリカ在住13年。後、大阪に居を構え広い意味での「癒し」に関わる。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。