スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

快不快の気分をエゴで受け止めるか、愛で受け止めるか

2010/04/16 Fri

人は1日に平均5万もの考えを頭に浮かべると言われます。そして、その9割までが消極的な気分や否定的な感情・・・怒り、不安、悲観、欲求不満、憂鬱・・・ であるといいます。

ともすれば「今日も嫌だなあ」「今日もろくなことがなかった」「雨がよく降り、うっとうしい」等々、否定的、悲観的な気分(感情)になりがちであり、また、その気分を言葉に出そうとします。


フランスの哲学者アランは次のような警句を発しています。

「洗練された表現を使えば、悲観主義は気分(感情)だが、楽観主義は意志である」

実に言い得て妙であると思います。

考えてみれば、私たちは、
*気分にこだわり続け、暗い気持ちになり心に膿が溜まるのに任せるか(気分優先)。
*意志でプラス発想に切り替えるのか(意志優先)、
の選択権を常に握っているともいえます。

言葉や想念は言霊(ことだま)として明日を作る大きなエネルギーをもっています。この大きなエネルギーをもつこの言霊を、気分(感情)を中心にして使うか、自分の強い意志によって使っていくか、によって人生が変わると思います。

この気分(感情)を、快不快のエゴで受けることでなく、愛で受け止めよう、と言われるのが鈴木秀子さんです。

以下、鈴木秀子さんの「神は人を何処へ導くのか」(クレスト社)からです。

私たちは、現実の中でさまざまな刺激を受けています。刺激を受けると感情が生じ、感情は必ずマイナスかプラスに転じます。
快・不快の感情が起こるのは本能的で自動的ですから、私たちは選択できません。
けれどもそのあとで、その感情をプラスにしていくか、マイナスにするかは、自分で選択できます。
阪神大震災に遭ったある家族の話ですが、
「自分たちは助かった」と思うと、大震災に遭ったという悲惨な状態の中でさえ、感謝と喜びに満たされます。
つまり、自動的に快感が起こります。

極限状態を過ぎたときに、「ああよかった自分の家族はみんな助かって」と思うだけで終わるのか、

それとも、もっと広い気持ちで「他の人も無事でいてほしい、なんとか生きていてほしい」と願うような、普遍的な愛につながる方向で考えられるのか、

その気持ちの切り替えは、自分で選びとっているのです。
また「あなたは癌です」と言われれば、誰もが落ち込むでしょう。
けれども、その中にも意味を見出して、
「つらいけれども病気と共存していこう、残された時間をよくしていこう」
「残された時間を、みんなへの感謝と報恩に振り向けよう」
というプラスの感情や感謝の心を持つことができるか、

逆に「もうだめだ。自分なんかどうでもいい」と自滅的になっていくか。

それは本人の選択なのです。

快・不快をエゴで受け止めるか、愛で受け止めるか。

私たちが心しなくてはいけないのは、エゴに動かされないで、愛を広げるような行動がとれるように、自分を見つめなおし、育て直していくことなのだろうと思います。

                  (以上)


魂向上のための身磨きには限りがありません。

日々の意識と努力の積み重ねだと思います。



・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

感情は後付けの「反応」に過ぎません。

奔馬の如き、そのアクションを観察できる習慣が根付けば全ての瞬間が内観につながっていきます。


ありがとうございます









ワンクリックありがとうございます<(_ _)>












スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

鈴木秀子さんの「死にゆく者からの言葉」
これは以前泣きながら読みました。
鈴木さんのような方がなんでキリスト教?モッタイナイ。
とも思って、鈴木さんにとって私は不本意な読者でしょうけれどね

悲観主義は気分(感情)だが、楽観主義は意志である

Re: No title

コメントありがとうございます。

<(_ _)>


> 鈴木さんのような方がなんでキリスト教?モッタイナイ。
> とも思って、鈴木さんにとって私は不本意な読者でしょうけれどね

それは確かに、わたしも感じる所がございます…
既成宗教がその枠を外すために、彼女のような、一見、ある教義の中のアウトサイダーが必要なのかもしれません。


> 悲観主義は気分(感情)だが、楽観主義は意志である

「意志」というものは我々が想像する以上に本源的なものなのかもしれませんね。


ありがとうございます

プロフィール

さんかるぱ

Author:さんかるぱ
アメリカ在住13年。後、大阪に居を構え広い意味での「癒し」に関わる。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。