スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の物質化現象

2011/07/22 Fri



安岡正篤先生のことを書かれた本に、次のようなことが書いています。


精神が平静な状態の人の吐いた息を集めて,マイナス212度で凍結して色を調べたところ、無色でした。

しかし、否定的な感情や思いをもったときに吐く息の色は、次のようにいろいろな色になったというのです。

非常に悲しい状態の人の息 灰白色
恐怖におびえている状態の人の息 青色
恥ずかしい状態の人の息 桃色
怒っている状態の人の息 褐色
殺人をして興奮状態の人の息 毒々しい栗色

殺人者の息を凍結して生じた粉末を水に溶かしてモルモットに投与すると興奮して死にました。
そしてその毒性は薬局の中のどんな劇薬よりも強いとのことです。

私たちが、よく怒鳴り散らしてばかりいる人の傍にいると、それだけでその毒気に当てられ、しかもストレスとの相乗効果で心身ともに病いになりやすいことの理由がわかります。

・・・・寺師睦宗「安岡正篤『やりたい』を必ずやりとげる生き方」(三笠書房) 



エルマーゲイツ博士の「心の物質化の実験」


1960年にエルマーゲイツ博士が行なった「心の物質化の実験」といわれるものがあります。
缶の中にパイプを巻いて入れ、そのパイプに口を当てて息を吐き、缶の中に吐いた空気を入れ、その空気を圧縮冷却します。

この実験で最終的には氷の結晶ができますが、問題は吹き込む人の心の状態によって、結晶の色が異なっていることです。

恨んだり、呪ったりしている時の氷の結晶は栗色、怒りの心の時は赤色、後悔している心はピンク色、絶望している心は灰色、元気な心はグリーン色、清々しい心はブルー色、尊敬心は黄色でした。

そして、怒りの心をもった息を、5分間注入して氷結したものを取り出し、検出すると、何と、ライオン5匹を殺すほどの猛毒となっていました。
逆に、安らぎの心をもった人の息は、60匹もの瀕死のモルモットを蘇生させることができたそうです。



私たちは日常の人間関係・・・・家庭において、社会において・・・・、喜怒哀楽、いろいろの感情を生じます。
その感情とともに、あるいは瀕死のモルモットを蘇生させる、生命を活性化するプラス・エネルギーを発信し、あるいはライオンをも殺すマイナス・エネルギーを発信しているわけです。

肯定的なプラス感情は人を生かし、否定的なマイナス感情は人にダメージを与える・・・・私たちは公的存在としてマイナス感情をコントロールし、社会に大きな責任を持つという自覚が必要だと思います。








ワンクリックありがとうございます<(_ _)>
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さんかるぱ

Author:さんかるぱ
アメリカ在住13年。後、大阪に居を構え広い意味での「癒し」に関わる。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。