スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お借りした日記2つ

2007/10/19 Fri

7月頃から、あるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に参加しました。
日記の書き込み、コメントやメッセージのやり取りで、想像していなかった忙しさです。
しかし様々な方たちと知り合うことが出来、学びと気づきというエネルギーをたくさんいただいています。

違う場所で分かち合っていただきたく、ご本人から承諾をいただきましたので2つほど日記を転載させていただきます。



➀「人間はロボットじゃない、気持ちをいっぱいもっている」


昨日、ある雑誌を読んでいたら、とってもいい話があった。


校長まで勤めた夫がアルツハイマーになり、その症状はどんどん悪化していき、徘徊までするようになったことを嘆いている奥さんがいた。


お嫁さんも義父の徘徊で、しょっちゅう交番通いだし、下の世話、食事の世話で疲れ果てていた。


二人とも、口を開けば、「情けない。悲しい。みっともない。こんなになっちゃって。またいなくなった・・・」と嘆く日々。


ある日、そのお嫁さんの小学校1年生になる息子が書いた作文を読んで

二人ともハッとさせられた。その子の作文にはこう書かれていた。


「おじいちゃんは、きょうもまちにぼうけんにいきました。おじいちゃんは、さいきんぼうけんがだいすきです」


ううう、私はこういう話にすぐウルウルしちゃうんだ


いいなあ、好きだなあこういう発想。私も子育てをしながら、子供の無邪気な発想、視点にドキッっとさせられたり、救われたりしたこと何度もあったなあ。


子育てをしながら、どれだけ私が子供に育てられてきただろう。子供って、親の愛と人間としての器を最も育ててくれる“人”なんだよねえ。

(この方は文筆家で、ホリスティック医療に関わっている女性)






➁「生まれてきた本当の理由は? 」


今のあなたとしてここに存在することです。

なーんだ、なんにもしなくてもいいのです。

生まれてきた目的もこの人生の役割も、ただ、自分のままでいる
ことです。

人はみんな自分の使命を果たしていると思います。

ですから、自分の存在のすべてを肯定すればよいのです。

どんな自分であっても、許し、愛しましょう。

誰もがしばらくここにいて、すばらしい世界に戻ってゆくのですから。

本当に生まれてきて、苦しみも、楽しみも、体験できてよかったですね。


(翻訳家、文筆家でスピリチュアルな分野で非常に高名な方です)





このお二方の、突き抜けた、愛に裏打ちされた軽さを是非知っていただきたくて紹介させていただきました。



人気blogランキングへ愛の1クリックお願いいたします

こちらもご支援よろしくm(__)mにほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ











スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さんかるぱ

Author:さんかるぱ
アメリカ在住13年。後、大阪に居を構え広い意味での「癒し」に関わる。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。