スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感謝する人々①

2007/11/29 Thu

彼女と初めてお会いしたとき、普通ではない光り輝くオーラが視えました。
(断っておかなければいけませんが、わたしは霊能者ではありません。どちらかと言えば、霊感は鈍いほうですが、時々そういう方に遭遇するのです…)

伺ってみるとその3ヶ月前に胃癌の大手術をしたということでした。
非常に難しく稀なケースで、全摘出した胃が大学病院で研究対象にもなったケースだったそうです。
しかし彼女は生命力に満ち溢れて見え、そのギャップが信じられませんでした。
色々なお話をさせていただき、彼女もインドに行き、私もお会いしたことがある聖者の所へ行かれたこと、ある大手証券会社のキャリアを病気を機に辞めてしまったこと…など色々と伺いました。
(そういえば手相も見ていただき、余りに当たっていることに愕然としました…)


そしてそれから3年くらい経った頃再会しました。
癌は転移もなく再発の心配は無いようだということでした。
しかしエネルギーが以前よりも弱くなっているようで気に掛かりました。
最初に会ったときの印象が特に強烈だったせいかもしれません。


その後3年間、彼女はハードな仕事漬けの生活から解放され、初めて自分を取り戻すことができたと言いました。
そして何を見ても、飲んでも、食べても、一つひとつのことに感謝の念を持てるようになったのだと。
気がつくといつの間にか植物―木や花や鉢植えと話ができるようになったとも仰っていました。
ちょっと弱った時、ベランダや日の当たるところに移そうとしたら、「違う違う、こっちに置いて」と言う声(?)がする。
そしてその通りに移動してあげると必ず元気になるというのです。

彼女が病気になる前、余りに多忙で過酷な生活に「3年くらい、ゆっくりと休みたい」と強く願っていたそうです。
「そうしたら本当に、3年ゆっくりと休んでしまいました」笑いながら彼女は言いました。

そうして色々と素晴らしいお話を伺いながら、どうしても弱く感じるエネルギーが気になりました。

―どうしたことか「エネルギーを入れさせてください」と私の口から言葉が出ていました。

……えぇ~(((゜д゜ ))) 自分は何を言ってんだろう??そんなことやったこともないのに。


訳の分からないまま、彼女の体に光を送るイメージングをしました。
(そんなことをしたのは初めて、その後もありません…)
本当に半信半疑というか、自分でもびっくりしながら…

すると周囲が明るくなり2人とも汗ばんできたのです。

―と、その時わたしにある考えが浮かびました。
わたしがエネルギーをあげているのではなく、わたしがもらっている!
そういう思いが強く押し寄せてきました。
なんて自分は思い上がっていたのだろう…


涙が溢れてきました。

もう会話を続けることもできなくなりました。
やっとのことで「ありがとうございました。またお会いしましょうね。」と言うのが精一杯…
もう、追い立てるように帰っていただきました。
(#´Д`#)

相手の方も狐につままれたような感じで去っていきました。

今でもその時何が起こったのかわたしには説明できません。


「バリバリと仕事をしていた時、病気だとわかって必死に闘っていた時は確かにエネルギーをたくさん使っていた気がします。

そういうことから解放されて全てが楽になりました。」

―そう淡々と語っていただいた彼女の様子が忘れられません。
あの時彼女から頂いたエネルギーのようなものは今もわたしの中にあります。
彼女と2回目に会ってから早くも3年経ちました。

何ものとも闘わないこと、受け容れるということ―
そして全てに感謝するということを学ばせていただきました。


ありがとうございます。



人気blogランキングへ愛の1クリックお願いいたします

こちらもご支援よろしくm(__)mにほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ




スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さんかるぱ

Author:さんかるぱ
アメリカ在住13年。後、大阪に居を構え広い意味での「癒し」に関わる。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。