スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『イン・ハー・シューズ』 “In Her Shoes”

2008/01/31 Thu

inher




どちらかと言えばキャメロン・ディアスは苦手なタイプ。
トム・クルーズの『ヴァニラスカイ』のようなシリアスな作品中でも添え物としか見えず、この映画もラブコメディに毛の生えた程度のものかと思いました。
ところが予想とは全く違った作品でした。

タイトルも英語のニュアンスを伝えるのが難しいタイプ。
さぞや配給元も悩んだかと想像します。

“in a person’s shoes”で「人の立場に立って」という意味があります。

性格もキャリアも全く違う姉妹なのに靴のサイズだけは同じという設定。
「自分探し」を「自分の靴で歩く」ということに見立てるのと、他者の立場を思い遣ることで初めて自分が見えてくる―というダブル・ミーニングになるのでしょう。


キャリアウーマンで弁護士の姉(トニ・コレット)は有能だが、自分の女性的な魅力に劣等感がある。
妹(キャメロン)は女の魅力だけを武器に世の中をいい加減に渡り歩いている―仲は良いが、生き方も個性も全く違う姉妹。
妹は姉から叱責を受け、その腹いせの行為が姉妹の仲を割いてしまう。姉は妹をかばう余り、その事を誰にも告げられず悩み続ける…というのが、やや重たい前半の導入部分です。

inher2


姉妹の祖母役であるシャーリー・マクレーンが登場してから映画の流れ、トーンがどんどん変化していきます。シャーリーの存在感や演技も素晴らしいですが、他の俳優、演出の描写の細やかさ―どれを取っても一級の作品です。

自分の女性的な魅力への過小評価、難読症や自分の知性に対するコンプレックス、という姉妹それぞれの「思い込みによる制限」が解き放たれていく過程は静かな感動を与えてくれます。


変容のプロセスを表す象徴的なシーンとして、「君は頭がいい」と言われた時のキャメロンの笑顔をわたしは絶賛したいと思います。ひとりの人間が目覚める、あるいは変容していく感動的な瞬間を見事に表現しています。
それを見た瞬間、初めてキャメロン・ディアスに「女優」を感じました。

323154_100x100_004.jpg


結婚式で祖母が靴を貸してあげるというシーンがあります。
(3人共に、同じ靴サイズ…そして祖母も心に傷を持っていたのです)
シャーリー演じる祖母が、その靴を「あげるのではなく、貸すだけ」「青い花模様がついている」とコメントします。
これは“something four”という花嫁が結婚式に身に着けると縁起が良い4つのものをあらわします。
それは「借りたもの」「青いもの」「古いもの」そして「新しいもの」ですが、祖母の靴が最初の3要件を満たしているわけです。

花婿と姉妹の義母がユダヤ人であるためにかもし出す宗教的、習慣的な違いなども暖かく、時にユーモラスに、さり気なく描かれています。
特に人種や文化が重層的なアメリカ社会では「人の立場に立つ」視点がなければ人間関係は困難なものとなるでしょう。


この作品中最も感動的なシーンの一つで、妹役のキャメロンが、サープライズで朗読する詩を紹介します。


i carry your heart with me

(i carry it in my heart)

i am never without it

(anywhere I go you go, my dear; and whatever is done by only me is your doing, my darling)

i fear no fate

(for you are my fate, my sweet)

i want no world

(for beautiful you are my world, my true)

and it's you are whatever a moon has always meant

and whatever a sun will always sing is you

here is the deepest secret nobody knows

(here is the root of the root and the bud of the bud

and the sky of the sky of a tree called life; which grows

higher than soul can hope or mind can hide)

and this is the wonder that's keeping the stars apart

i carry your heart (i carry it in my heart)


あなたの心と共に 私の心を重ねて

決して離れることなく

私が行く所 あなたも共に

私のすることはあなたのすること いとしい人

運命など恐れない 

あなたが私の運命だから

世界など欲しくない 

あなたが私の美しい世界だから

誰も知らない深淵なる秘密 

起源の中の起源 未来の中の未来

大空に育ちゆく人生という木 魂の希求 

理性の畏れより高く枝を延ばす

孤高にきらめく星々の神秘

あなたの心と共に 私の心を重ねて

_ ―E.E.カミングス “i carry your heart with me”



この映画は個人と家族の再生のドラマです。
一人ひとりが思い込みという制限の枠を取り去った時、奇跡は必ず起こります。

わたしたち自身が奇跡なのですから…!


キャメロン・ディアス、トニ・コレット、シャーリー・マクレーン/カーティス・ハンソン監督/2006年 アメリカ映画

ご支援よろしく m(_^_)m
にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ




スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さんかるぱ

Author:さんかるぱ
アメリカ在住13年。後、大阪に居を構え広い意味での「癒し」に関わる。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。