スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一期一会

2008/09/16 Tue




★☆ 最後だとわかっていたなら ★☆

あなたが眠りにつくのを見るのが最後だとわかっていたら、わたしは、もっとちゃんとカバーをかけて神様にその魂を守ってくださるように祈っただろう…

あなたがドアを出て行くのを見るのが最後だとわかっていたら、わたしは、あなたを抱きしめてキスをして そしてまたもう一度呼び寄せて、抱きしめただろう…

あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが、最後だとわかっていたら、わたしは、その一部始終をビデオにとって毎日繰り返し見ただろう…

確かに、いつも明日はやってくる…見過ごしたことも取り返せる やりまちがえたこともやり直す機会がいつも与えられている…

「あなたを愛している」と言うことはいつだってできるし「何か手伝おうか?」と声をかけることもいつだってできる…

でももし、それがわたしの勘違いで今日で全てが終わるとしたらわたしは、今日どんなにあなたを愛しているか伝えたい…

そして私達は、忘れないようにしたい…
若い人にも年老いた人にも、明日は誰にも約束されていないのだということを…

愛する人を抱きしめるのは今日が最後になるかもしれないことを…

明日が来るのを待っているなら今日でもいいはず…

もし明日がこないとしたら、あなたは今日を後悔するだろうから…
微笑みや抱擁やキスをするための、ほんのちょっとの時間を…どうして惜しんだのかと…

忙しさを理由にその人の最後の願いとなってしまったことを、どうして、してあげられなかったのかと…

だから今日、あなたの大切な人たちをしっかりと抱きしめよう。そして、その人を愛していること、いつでもいつまでも大切な存在だと言うことをそっと伝えよう…

「ごめんね」や「許してね」や「ありがとう」や「気にしないで」を伝える時をもとう…

そうすれば、もし明日が来ないとしてもあなたは今日を後悔しないだろうから…


***********  ***********



「一期一会」という言葉の由来について、加納真士氏「愛ダス・・・宇宙は愛に満ちている」は次のように書いていました。

茶は、戦国時代、合戦時には野営の陣でも点てられた。これから戦いに行く武将の殺伐とした心を抹茶でもてなすためだという。

「このお茶を飲んだ人はもう帰らないかもしれない」という思いが、送る方も送られる方にも暗黙の内にあり、それがなお一層お茶を受ける中に緊張とも永遠ともつかぬ時間を包含させたのである。

「一期一会」という、「この時をおいて他に逢う時なし」という言葉は、そこから来ている。






ご支援よろしくm(_^_)m
にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ







スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さんかるぱ

Author:さんかるぱ
アメリカ在住13年。後、大阪に居を構え広い意味での「癒し」に関わる。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。