スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉に秘められた魔力~リバース・スピーチの謎

2008/11/09 Sun

1960年代後半、ジョン・レノンは逆回転で再生すると、全く別のメッセージが聞こえる音楽を製作し始めました。

以後、ロックミュージックには隠された悪魔的なメッセージが含まれているという噂が流れるようになりました。
その代表的な曲とされたのは、レッド・ツェッペリンの「Stairway To Heaven」(天国への階段)で、実際に逆再生してみると、

「逆再生するんだ。歌われる歌詞に耳を傾けるんだ」

―というメッセージに続き、幾つかの悪魔的なメッセージ、
そして歌の最後の方の、

「ふたつの道が用意されていて、道を変更するのは今からでも遅くない」

―というサビのパートの逆再生では、

「私を落胆させる小道と、偽の権力を持つ、私の愛しい悪魔」

―という表現が現れるのです。


これを検証したデヴィッド・J・オーツ氏によると、意図的に逆再生メッセージを加えると、その違和感から、簡単に識別できるようです。
その上で、このケースは人為的なものではない、と断言しています。

オーツ氏は、また2000枚以上のアルバムに収録されている膨大な曲に多くの逆再生メッセージが含まれていることを発見。
何と、それはほぼ半数の曲に及んだというのです…


それどころか、この不思議な現象は楽曲に限られたものではなく、人の会話やスピーチにも逆再生メッセージが現れるという驚愕の事実を発見したのでした。



■オーツ氏が発見したと主張するリバース・スピーチの実例
  【  】内が逆再生時に聞こえたメッセージ


★ケネディ大統領暗殺を報じるライブのコメント:

「スタンバイしてください。バークランド病院。銃撃がありました。銃による深刻な傷の治療に備えるよう、バークランド病院はスタンバイするように指示されています。」

【彼はひどく撃たれた。待つんだ。これから見てみることにする】


★ケネディ大統領に暗殺前にインタビューを受けたリー・ハーヴェイ・オズワルド:

「しばらくソ連で生活していた経験から言えるのだが、キューバが共産党員にコントロールされているという非難を、私は自信を持って否定できる。」

【オズワルドは怒っている。彼らに耳を傾けるんだ。大統領を殺したがっている】


★マーチン・ルーサー・キング牧師の有名な「私には夢がある」演説のリバース:

【そして、私は主に招かれたものである。われわれの名前を呼びなさい。我々の名前を呼びなさい】


★オーストラリアの元首相ボブ・ホークが、1987年の連邦選挙に当選してどのように勝利を祝うか質問されて:

「そうですね、数杯の紅茶を飲んで祝いますよ」

【かつては極上のマリファナを吸ったものだ】


興味深い事に逆再生メッセージの声は明確に本人の声で現れるようです。
逆再生すると音質が変わるように思えるのですが、不思議です。
またスピーチが文法的に完全ではなく、途中で言い換えたり、話題を変えたりするような、感情が表れやすいケースほど逆再生メッセージが多く現れると。

論理的なスピーチより、リラックスした、或いは感情的なスピーチほどその発言頻度が高まるようです。

またオーツ氏は、スピーチは表と裏のモードが存在する、

―表とは通常モード、裏とは逆再生モードですが、
裏モードとは本音、感情(あるいは、それ以上のもの…)を示唆しています。



■実例として、元アメリカンフットボールのスーパースター、O・J・シンプソンが、妻を殺害した容疑による公判の会話の一部。


★伊藤判事:
「ミスター・シンプソン、陪審員の選考を9月19日から9月26日まで行うために、前もって選んだ日程で続けて行くことを了解しますか?7日間、裁判が延長される事を了解しますか?」

【シンプソンが彼女らを殺した】
 
シンプソン:
「はい」

【私がやりました】

伊藤判事:
「よろしい。その日程調整でよろしいですか?」

【彼はわかっているだろうか?あなたが愛する婦人を殺した】


 この一連の逆再生モードは驚くべきものです。
逆再生の裏モードで、伊藤判事はシンプソンが有罪である事を確信し、またシンプソンもそれを認めています。

このように逆再生時の「裏」モードには、発言者の本音が現れる、とオーツ氏は主張しているのです。


その他、オーツ氏は人が何かを考え、発する言葉を選んでいる瞬間には、既に逆再生メッセージが用意されている。
赤ちゃんは通常、生後1年くらいは言葉を話せず、泣き声でしか意思表示できないと思われている。
しかし生後すぐの赤ちゃんの泣き声や意味のない幼児特有の発声を逆再生分析した所、ちゃんとした意味を成す言語になっている。
メッセージに現れる、個人的無意識と集合的無意識。

…そういった、他にも、興味深いエピソードや考察の数々を示しています。

逆再生メッセージが、本音や無意識が暴露される「サトラレ」状態を作り出すのだとしたら、偽善や嘘に因る争いごとが無くなっていくかも知れません。


人間の無意識や、「在りかた」そのものに対して、別の角度を提供してくれるこの話の詳細を知りたい方は、

『超不都合な科学的真実』/ケイ・ミズモリ/5次元文庫~をお読みください。





ご支援よろしくm(_^_)m
にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ







スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さんかるぱ

Author:さんかるぱ
アメリカ在住13年。後、大阪に居を構え広い意味での「癒し」に関わる。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。