スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きっこのブログ 水銀イルカにご用心

2008/11/19 Wed

(某所の日記より、匿名を前提に転載)


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


きっこのブログに以下のようなことが掲載されていました。

●イルカの追い込み漁でオナジミの和歌山県太地町で、地元で獲って売られてるイルカ肉(クジラ肉)から、厚生労働省が定める規制値の10倍もの水銀が検出された

●この規制値の10倍もの水銀を含んだイルカ肉が、地元の幼稚園や小学校や中学校の給食で、子供たちに食べさせられていた。

●この水銀に汚染されまくってるイルカ肉を政府が補助金まで出して、全国に広めようって計画している。

●現在イルカも、食用としてたくさん捕獲されてて、その身は加工されて、クジラ肉として売られてる。食用として考えた場合には、クジラとイルカの区別はない。
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2007/09/post_731f.html



しかし、きっこさんは一般の人がよく言う意見のひな形をそっくりそのままおっしゃっています。

「あたしは、イルカ漁を全面的に否定する気はない。
それに、あたしは、「牛や豚は殺して食べてもかわいそうじゃないけど、イルカは殺して食べたらかわいそう」って感覚も理解できない。だから、イルカ漁を否定できるのは、完全なベジタリアンだけだと思うし、当然、動物の皮で作った靴やバッグやベルト類もいっさい使用せず、腕に蚊がとまって血を吸い始めても、手で叩かずに、最後まで血を吸わせてあげるような人じゃなかったら、イルカ漁に対して文句を言えない」

●私達人間は皆、他に迷惑をかけなければ生きてゆけない存在です。
しかしその「迷惑」を、少しでも減らせれば・・と心がける人たちがいます。
「動物の皮で作った靴やバッグやベルト類もいっさい使用せず、腕に蚊がとまって血を吸い始めても、手で叩かずに、最後まで血を吸わせてあげるような人じゃなかったら、イルカ漁に対して文句を言えない」そのような考え方は英語でいう『All or nothing』(すべてやる、それが無理なら何もやらない)。
それに対して、私の考え方は、『Better than nothing』(なにもやらないよりは、まし)という考え方です。


「そして、あたしは、一応はできるだけお肉は食べないようにしてるけど、それは、自分から進んでは買わないようにしてるってだけのことで、どこかで出されたら普通に食べてる。だって、すでにお料理になって、目の前に出されたお肉なのに、それを食べずに残して、そのまま生ゴミとして捨てられるよりは、あたしが感謝して残さずに食べたほうが、殺された動物のためにもマシ」

●他にいくらでも食べ物がある、 他の食べ物のほうがより健康になることがわかっていながら 動物を殺し、命の犠牲を『感謝』という言葉に引き替えて肉をすするための言い訳によく使われています。
感謝=諸手を挙げて良い事、良い念という’イメージ’をキーワードとして転がして、我欲をひと塗りで違うもの、よいものに錯覚。

今は小学校でも感謝して食べれば許されると教えています。


生ゴミとして捨てられるのも、人間の胃袋にはいるのも動物にとっては同じです。
「すでにお料理になって、目の前に出されたお肉なのに」というのは動物を食物と見ている人間の食欲主体の考えです。肉になってしまった動物をかわいそうと思うなら土に埋めてあげて線香をたててあげるべきでしょう。


「あたしは、動物の皮で作ったバッグも、パンプスも、お財布も、ベルトも使ってるし、腕に蚊がとまれば叩いて殺すし、腕にとまらなくても、夏場は蚊取り線香をつけて、飛んでる蚊を殺してる。ゴキブリホイホイでゴキブリを殺したこともあるし、電気毛布の温度スイッチを「ダニ」ってとこにすれば、目には見えないけど、きっとたくさんのダニが熱くて死んでるんだと思う。」

●どこかおかしな論理です。
この世界では毎日のように何千という人間が殺されたり飢え死にしたりしているのだから、仮に自分が誰か一人の人間を殺したとしても、たいしたことではない、と言っているのと同じです。


お肉はできるだけ食べないようにしてるけど、お魚は普通に食べてる。だから、たとえ、イルカ漁が残酷でイルカたちがかわいそうだって思っても、それを言える立場の人間じゃない。

●このようにほとんどの方が魚とイルカを一緒に見ています。
日本のメディアはイルカ漁と書きますがイルカは哺乳動物なのでイルカ猟が正しいでしょう。海に生息していますが、人間と同じ、哺乳動物です。


きっこのブログ






ご支援よろしくm(_^_)m
にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ








スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さんかるぱ

Author:さんかるぱ
アメリカ在住13年。後、大阪に居を構え広い意味での「癒し」に関わる。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。