スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ニュー・アース』/エックハルト・トール

2008/12/23 Tue

真実:相対的か絶対的か


思考はうまくいけば真理を指し示すが、決して真理そのものではない。

だから仏教では「月をさす指は月ではない」と言う。

すべての宗教はどれも誤りでありどれも真実で、どちらになるかはどう活用するかで決まる。
エゴの進化に役立てることも、「真理」のために役立てることも可能なのだ。

自分の宗教だけが「真理」だと信じているなら、それはエゴの強化に役立てていることになる。




過去にこだわる


人間がいかに過去を手放せないか、あるいは手放す気はないかを見事に示した禅僧の逸話がある。

担山という禅僧が、友人の僧と一緒に豪雨のあとでひどくぬかるんだ田舎道を歩いていた。
村の近くまで来ると、道を渡ろうとする若い娘に出会ったが、水たまりが深くて着ている着物が汚れそうだった。
担山はすぐに娘を抱き上げて水たまりを渡してやった。

 そのあと二人の僧は黙々と歩き続けた。
五時間ほどして、その夜の宿になる寺が見えてきたとき、友人がとうとう黙っていられなくて口を切った。
「あなたはどうしてあの娘を抱き上げて、道を渡してやったのか?」彼はそう言った。
「僧というものは、ああいうことをすべきではないと思うが。」

「私はもうとうに娘を下ろしたのに」
担山は答えた。
「きみはまだ、抱いていたのかね?」

この友人のように暮らし、状況を手放せず、また手放す意志をもたずに、心のなかにどんどん溜め込み積み重ねていたら、どんな人生になるか想像していただきたい。
それがおおかたの人々の人生なのだ。
かれらがこだわって心の中に溜め込んでいる過去という荷物の何と重いことか。




あなたが考える自分


 あなたはエゴではない。
だから、あなたのなかのエゴに気づいたからといって、自分を知ったということではない。
自分は何者ではないかがわかっただけだ。
だが何者ではないかを知れば、本当の自分自身を知る上での最大の障害が取り除かれる。

誰もあなたが何者かを教えてくれはしない

誰かが教えてくれるのは概念にすぎないから、あなたを変える力はない。

ほんとうの自分自身には信念も必要ない。
それどころか、信念はどれも障害になる。

認識すら必要ない。

なぜなら、あなたはすでにあなたなのだから

だが認識しなければ、ほんとうのあなたが世界に向かって輝きだすことはなく、埋もれたままになる。
もちろんその埋もれた場所がほんとうのあなたのありかだ。




何が起ころうとも気にしない


何が起ころうとも気にしない。これは何を意味するのか?自分の内面は起こった出来事と調和している、ということだ。

「何かが起こる」それはもちろんそのときどきの状態として現れており、つねにすでに存在している。

起こった何かとは中身で、いまという時-時にはこれしかない-の形だ。
その何かと調和しているというのは、起こった出来事との関係に心のなかで抵抗せずにいるということである。

起こった出来事に善だの悪だのというレッテルを貼らず、ただあるがままに受け入れる。
あるがままに受け入れるなら、行動もせず、人生を変化させようともしないのか?
そうではない。
それどころか逆で、いまという時との内的な調和をベースにするとき、その行動には「生命」そのものの知性の力が働く。




時間を消去する


人生に言い続けてきたノーがイエスに変わるたび、あるがままのこの瞬間を受け入れるたびに、あなたは時間とエゴを解体する。


エゴが生き延びるには時間を-過去と未来を-現在という瞬間より重要なものにしなければならない。

(中略)

エゴに人生を支配されている限り、二種類の不幸が襲ってくる。
一つは望みがかなわない不幸、もう一つは望みがかなう不幸である。

(中略)

「いま」がとる形に心の中でイエスと言えば、その形が形のない世界への入り口になる。
世界、神とあなたを隔てる障害はなくなる。



目覚めた行動


目覚めた行動とは、外部的な目的(何をするか)と内なる目的(目覚めて目覚めたままでいること)とが調和した行動である。

目覚めた行動を通じて、あなたは外へ向かう宇宙の目的とひとつになる。
あなたを通じて意識がこの世界へ流れ込む。
あなた思考に流れ込んで、行動を導き、力を付与する。

何をするかではなくどのようにするかで、あなたが運命をまっとうしているかどうかが決まる。
そしてどのようにするかを決めるのは、あなたの意識の状態だ。

.・*.・:☆'.・*.・:★'.・*.・:☆'.・*.・:★'.・*.・:☆'.・*.・:★.・*.・:☆'.・*.・:

わたし達は、きっと「感情」というものを体験しにこの世界に生まれ出たのでしょう。
しかし、その「感情」に反応し、右往左往させるエゴを、自分自身と錯覚することから多くの悲喜劇が生まれています。

エックハルト・トールは、シンプルに「いまに在る」ための具体的な方法、
―つまり、エゴをエゴとして観照するノウハウをこの著書で示しています。

悟りを開くと、人生は確かにシンプルになるでしょう。
逆に、人生をシンプルにすることで、悟りに近づく
道が見えてくるともいえそうです。


ありがとうございます


“A New Earth”- Awakening to Your Life's Purpose/Eckhart Tolle


Keith Jarrett - The Köln Concert (Part 1) January 24, 1975





ご支援よろし<(_ _)>









スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さんかるぱ

Author:さんかるぱ
アメリカ在住13年。後、大阪に居を構え広い意味での「癒し」に関わる。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。