スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クスリはリスク

2009/03/19 Thu

この言葉は、あちらこちらで見かけるお馴染のフレーズになりつつありますね。

日本人が薬剤に消費する金額は年間医療費のほぼ4分の1に当る7兆円余り。
これは一人当たりでいうとイギリスの3倍以上、アメリカやドイツの1.5倍ほどに相当します。

安保徹という、免疫学分野で国際的に活躍されている医学博士。
氏は免疫学の観点から、対症療法に偏りすぎた薬漬け医療の危険性を警告。
全ての病気の根源は1つであり、自律神経が安定し、血液中の顆粒球とリンパ球の割合が正常になれば、全ての病気は治るという理論、治療法を示しています。

更に、断食、少食療法、生菜食療法で自然治癒力を高め様々な難病を治す甲田光雄博士。

慢性病の原因が、精白食品(白米、白パン、白砂糖)、動物タンパク食品(肉類、卵、牛乳)、化学物質(化学肥料、農薬、食品添加物、化学薬剤)の「悪食」にあるとし、体質にあった玄米、菜食を提唱する森下敬一博士。

化学療法も選択肢の一つと捉え、気功や瞑想、心理療法や健康食品の摂取など「医師と患者が手のうちを見せ合って一つの結論を出して行く」、基本的には患者自身の免疫力を引き出す、ホリスティックな治療をされる帯津良一博士…

上記は、何れも慧眼の医学博士たちで、同様の主張をされる方達のほんの一部です。
共通しているのは、病気として現れた症状が免疫力、自然治癒力の発動した状態と捉えているという点です。
(例えば風邪による発熱の場合、薬などによる対症療法は解熱。自然治癒力を重視する場合、一般に、より熱をあげることによって寛解に導くという違いが生じます)

私たちの体内では常に何千、何万ものがん細胞が生成されています。
それが発病に至らないのは免疫力に関わる白血球のNK細胞ががん細胞を殺してしまうからです。

(余談ですが、笑いがNK細胞を増殖させるということで、
大阪ではNKを「なんば花月」の略~と講演で仰った方がいて馬鹿受けしていました…)


アメリカの故ライナス・ポーリング博士も「現代病の多くは薬によって作り出されている。この事実に早く気づくべきだ」と警告しています。
氏はノーベル化学賞・平和賞を受賞した分子矯正医学の世界的権威で、栄養素の種類や分量を調節することによって、分子レベルで細胞の正常な代謝を促すという理論の提唱者でもあります。

―このように様々な臨床や研究により、従来の西洋医学的治療法に警鐘を鳴らす方々は枚挙に暇がありません。


西洋医学の最先端と思われるアメリカで、医師用のテキストにも使われる「ドクターズルール425―医師の心得集」という本があります。

その中で、以下のような項目が述べられています。


・可能ならすべての薬を中止せよ。それが不可能ならば、できるだけ多くの薬を中止せよ

・薬の数が増えれば、副作用はネズミ算式に増える

・4種類以上の薬を飲んでいる患者は医学の知識を超えた領域にいる

・高齢者のほとんどは、薬を中止すると体調がよくなる

・病院は危険な場所である。賢明な方法で、しかもできるだけ短期間利用しなさい。


しかし、あくまでもこれらの見解は主に慢性病を対象にした薬物療法に関するものです。
緊急を要する感染症や怪我などによる救命、外科的処置などに果たす、本来の西洋医学を非難するものでは決してありません。

оΟ゜Ο。.・оΟ゜Ο。.・оΟ゜Ο。.・оΟ゜оΟ゜Ο。.・оΟ゜Ο。.・

今日、ご主人がガンと認定された方とお会いしました。
幸いなことに、西洋医学的な抗ガン治療を選択しないということでしたので、様々な食事療法や、いくつかのキラーアイテムについてお話しさせていただきました。

上記の日記は、今は閉鎖した私のブログの、3年前の記事を引っ張り出したものです。


ありがとうございます

оΟ゜Ο。.・оΟ゜Ο。.・оΟ゜Ο。.・оΟ゜оΟ゜Ο。.・оΟ゜Ο。.・

今日署名しました

これもまた大きなリスク

☆分かりづらい遺伝子組み換え食品表示の法改正署名へ参加しよう!☆
https://www.greenpeace.or.jp/ssl/gm/petition/labelling/

特定非営利活動法人
グリーンピース・ジャパン
http://www.greenpeace.or.jp/








愛のワンクリックよろしく<(_ _)>









スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さんかるぱ

Author:さんかるぱ
アメリカ在住13年。後、大阪に居を構え広い意味での「癒し」に関わる。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。